下味をしっかりつけて満足感を

餃子を食べる際に、ラー油などの調味料をつけるとカロリーが上がってしまいます。あんを作る段階でしっかりと下味をつければ、卓上での調味料のつけすぎを防げますね。香味野菜を活用しながら、醤油や塩コショウなど好きな味つけにしましょう。

あんの素材にひと工夫!

餃子を手作りするさいに豚ひき肉を使う方が多いかもしれませんが、鶏ひき肉を使うだけでヘルシーに。春雨や糸こんにゃくでかさ増しすれば、食べ応えを上げながらカロリーを抑えられます。 お肉を一切入れずに、えびやおから、豆腐、野菜などの食材だけであんを作れば、さらにカロリーを低くできます。少しずつお肉の割合を減らしていって、最終的に野菜だけで作る餃子に挑戦してみるのもいいですね。

ダイエットにおすすめの餃子レシピ3選

1. 豆腐とツナのヘルシー肉なし餃子

Photo by macaroni

お肉の代わりに豆腐を使うことで、大幅なカロリーカットに。ツナやニラ、しょうがなど、味の決め手になる食材はしっかり入っているので、お肉なしでも満足感たっぷりですよ。豆腐はあらかじめ水切りしておくことが大切です。

2. フライパンで簡単!菜の花とエビのぷりぷり蒸し餃子

Photo by macaroni

このレシピで使う油は、あんに入れるごま油小さじ1杯だけ。最後は、もやしと一緒に蒸し焼きにするので、余計な油を使わないヘルシー餃子に仕上がりますよ。お肉を使わなくても、えび特有の食感に大満足間違いなしです!

3. こんがりジューシー大根餃子

Photo by macaroni

炭水化物は大切だとわかっていても、やっぱり皮が気になる……。そんな方には、スライスした大根で代用するのがおすすめ!ノーマルな餃子に飽きたときのアレンジとして、作ってみてもいいですね。

餃子ダイエットを試してみよう!

餃子は、自分で作ればお金もそれほどかかりませんし、むずかしい料理ではありません。時間があるときにまとめて作り、冷凍しておいても便利ですよね。 今までのダイエットでは続かなかった……という方も、ぜひ「餃子ダイエット」に挑戦してみてはいかがでしょうか?
【参考文献】
(2019/10/11参照)
▼避けがちなあの料理も、我慢しなくていい…!?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ