ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

ダイエット中でも食べたいショートケーキ。そのカロリーはどのくらい?

「ダイエット中だけどショートケーキが食べたい!」そんな甘いもの好きのダイエッターとって、気になるのが「カロリー」ですよね。大きさにもよりますが、ショートケーキ1個のカロリーは、366kcalです。(※出典1) ごはん1杯分(150g)のカロリーが252kcal、日清カップヌードル醤油味のカロリーが353kcal、マクドナルドのフィレオフィッシュバーガーのカロリーが341kcalであり、これらのカロリーと比べて分かるように、パクパク食べてしまうのは考えもの。ダイエット中のケーキ選びには注意が必要そうですね!

ショートケーキに含まれる糖質・脂質の量はどのくらい?

ダイエッターにとって、カロリーと同様に気になるのが糖質と脂質の量。ショートケーキには、28.5gの糖質、25.3gの脂質が含まれています。(※出典1) 主な材料は卵、砂糖、小麦粉、生クリーム、フルーツですが、中でも砂糖と生クリームの分量が多いため、糖質や脂質の割合も高くなります。特に脂質は、1gあたり9kcalなので、1gあたり4kcalの炭水化物(糖質)やたんぱく質と比べて、2倍以上のエネルギーとなります。(※出典2) そのため、脂質が多くなるほどカロリーは高くなります。ショートケーキといえば、たっぷりの生クリームが幸せ度を高めてくれますよね!でも、この生クリームには脂質が多く含まれているのです!(※出典3)残念ながらダイエットと生クリームは、相性がいいとは言えなさそうですね。

お店や市販品のショートケーキのカロリーは?

気軽にショートケーキを買えるお店と言えば、「コージーコーナー」や「不二家」が代表的ですね。今ではコンビニでも本格的なショートケーキを買うことができるようになりました。 ショートケーキと言えば苺のイメージですが、苺以外のフルーツを使ったショートケーキもあるので楽しみが広がりますよね!それぞれのショートケーキのカロリーについても、チェックしてみましょう! ・コージーコーナー「苺のショートケーキ」・・・348.9kcal/個(※コージーコーナーのコールセンターに問い合わせて確認) ・不二家「プレミアムショートケーキ」・・・267kcal/個(トッピング苺を除く) ・不二家「三角ショートケーキ」・・・356.9kcal/個(36カット)、227.1kcal/個(48カット) ※三角ショートケーキについては店舗によってカット数が違うため、店舗ごとに要確認。(※不二家のコールセンターに問い合わせて確認) ・ローソン「シャインマスカットのショートケーキ」・・・192kcal/個(※出典4)

ショートケーキ以外のケーキと比較してみよう!

ダイエット中のケーキ選び。どんなケーキを選ぶかでカロリーも大きく違ってきます。ショートケーキ以外のケーキのカロリーはどのくらいなのでしょう? ・チョコレートケーキ・・・438kcal/個 ・モンブラン・・・425kcal/個 ・ティラミス・・・398kcal/個 ・レアチーズケーキ・・・348kcal/個 ・ベイクドチーズケーキ・・・315kcal/個 ・ロールケーキ・・・251kcal/個 ・ミルクレープ・・・235kcal/個 ※カロリーは「カロリーslime」より転記しています。 いろいろなケーキと比較してみると、ショートケーキは中間に位置しています。では、ダイエット中にケーキを食べたくなったときには、一体何を選べばいいのでしょう?

ダイエット中にケーキを食べるときのポイント

ダイエット中でも食べたい誘惑にかられ、つい手が伸びてしまう。甘いものの魔力ですよね。そして、我慢ばかりのダイエットは続かないのが現実。そんな時は、選び方を工夫してみましょう!

まずは、カロリーが低いものを選ぼう!

一般的な「ダイエット」では、運動や基礎代謝などでエネルギー消費を増やすよりも、食事で摂取するエネルギーを減らすことで減量を目指すことが多いですよね。(※出典5)摂取エネルギーを抑えたい時期に高カロリーのスイーツは控えたいところ。 ロールケーキやミルクレープは、ほかのケーキに比べてカロリーが低めです。生クリームの少ないケーキの方がカロリーを抑えられる傾向があります。大きさが小さければカロリーも低くなることが多いので、パッケージを確認しながら、まずはカロリーの低いものを選ぶようにしましょう。 ショートケーキを選ぶのであれば、フレッシュな果物がたっぷり入ったものを選ぶのがオススメ。缶詰のフルーツを挟み込んだものはシロップ漬けになっているためカロリーが高くなりがちなので注意が必要です。食べる回数を減らす、カロリーを確認してから買うなどの工夫ができるといいですね!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS