2. 箸が止まらない!そら豆の桜えび塩和え

塩茹でしたそら豆と乾煎りした桜えびを和えていただくシンプルなおつまみ。そら豆の豊かな風味を余すことなく味わえるだけでなく、桜えびの香り・旨みがアクセントとなって食欲をそそります。

3. ビールによく合う♪ そら豆の塩ガーリック炒め

ただでもおいしいそら豆に、にんにくの風味をまとわせたら、さらにビールがすすんでしまう魅惑のおつまみが完成。こんがりと焼き色をつけて、香ばしさも一緒に楽しみましょう。

4. シェアしてどうぞ。そら豆とツナのグリル焼き

そら豆を開き、ツナ缶と調味料をのせて焼いたら完成。見た目のインパクトが強いので、ホームパーティーや女子会のメニューによろこばれること間違いなしです。材料ふたつのシンプルさですが、やみつきの味に仕上がります。ツナに少し醤油をたらすと、ごはんによく合う味になりますよ。

5. ツヤツヤ照り照り。そら豆の甘い煮物

塩ゆでが定番のそら豆を砂糖で甘く煮ると、また違ったおいしさが楽しめます。水に砂糖と塩、白だしを加えて沸騰させたら、そら豆を加えて約5分。ふっくらつやつやな見た目に仕上がり、素朴な甘さがあとを引きます。火を止めたら、鍋に入れたまま氷水をあてて冷やすのがポイントです。

6. ワインのお供に。緑のペペロンチーノ

にんにくを効かせる、ワインのお供に最適な緑色のペペロンチーノ。そら豆とブロッコリーをイタリアン風の味付けで炒め合わせるだけなので、どなたでも簡単に作れますよ。そら豆や野菜を、いつもなんとなく味付けしているという人は、ぜひ挑戦してほしいアレンジです。

7. クセになる。そら豆のブルーチーズ和え

そら豆、アスパラ菜、こごみといった食材をブルーチーズで和える、大人な味わいのひと品です。ブルーチーズ特有の風味に、クセになる人続出の予感!ワインのお供にもちろん、おもてなしの前菜やサラダとしてもおすすめです。

編集部のおすすめ