ゆで時間が重要!そら豆のおいしいゆで方&おすすめの保存法

ほっくりとした食感がおいしい春の食材「そら豆」。みなさんは普段どのようにゆでていますか?実は、少しのコツを抑えるだけで、ワンランク上のおいしさに仕上げることができるんです!この記事では、おすすめのゆで方と保存方法をご紹介。ゆでそら豆を使用したレシピも必見ですよ♪

2019年8月5日 更新

上手なそら豆のゆで方

ふっくらとした実が特徴的なそら豆は、塩ゆでしただけでもとてもおいしく食べられるんです♪ 少しのポイントを抑えて、よりおいしく仕上げましょう。まずは、一般的なお鍋でゆでる方法をご紹介します!

準備するもの

・そら豆……500g
・水……1L
・塩……大さじ2杯
・酒……100cc

手順

1. そら豆をサヤから出し、黒い部分の反対側に包丁で切り込みを入れます。

2. お水を沸騰させ、そこへ塩とお酒を入れてください。

3. 中火にしたお湯の中にそら豆を投入し、2〜3分加熱します。

4. 味見をして、お好みの硬さになったらすぐにザルにあげて冷ましてください。

そら豆をおいしくゆでるポイント

切り込みを入れて一石二鳥

そら豆に切り込みを入れることで、ゆで上がったときに皮と実の部分をツルッときれいに剥がすことができますよ。また豆に塩が入りやすくなるので、ゆで上がりでもおいしく食べることが可能です!

ゆで時間が重要!

そら豆のゆで時間はとても重要!ゆで始めて2分たったら、まずは一度食べてみてください。味見をして、まだ少し硬いなと思ったらもう少しゆで時間をプラスしましょう。しかし、油断は禁物!そら豆はゆですぎてしまうと、シワシワになってしまったり、食感がパサついてしまいます。

また固めが好きな人は少し短めに1分半、やわらかめが好きな人は長めに3分ほどゆでてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう