旬からレシピまで!「はっさく」についての基礎知識を身につけよう

柑橘類のひとつ「はっさく」。あなたは、はっさくについてどこまで知っているでしょうか?今回は、はっさくの旬や産地はもちろん、食べ方や活用レシピ、おすすめのはっさく商品まで、はっさくのアレコレをまとめてご紹介します!

ミカン科ミカン属の「はっさく」

ミカン科ミカン属にあたる「はっさく(八朔)」。皮が厚い柑橘類のひとつですが、みなさんは食べたことがありますか?もしかしたら、はっさくを育てているという人もいるかもしれませんね。

今回は、そんなはっさくについてご紹介したいと思います。はっさくの基礎知識はもちろん、食べ方や活用レシピ、はっさくを使ったおすすめ商品までまとめてみました。はっさくの魅力を、ぜひ再発見してください!

はっさくについてのアレコレ

旬と収穫時期

はっさくは、12〜1月の寒い時期に収穫され、市場に出回ります。また、ブランドによっては収穫時期が異なるものもあり、産地のひとつである和歌山県由良(ゆら)町で栽培されている「さつき八朔」は、3〜4月と暖かくなってから収穫されています。

産地

はっさくの産地としてもっとも有名なのが、和歌山県。日本一を誇るその収穫量は、約24,000トンにも及びます。次いで広島県が約6,000トン、愛媛県が約1,200トンと続きます。

※情報は、平成26年のものです。

育て方

はっさくは大きな木に果実をつけるため、育てるには広いスペースが必要です。3月の終わりごろ、暖かくなり始めてから植えるようにしましょう。肥料を与えるのは、3月・6月・11月の3回。

順調に育てていき、夏ごろには「摘果」といってひとつひとつの果実に十分に栄養が行き渡るように、発達の悪いものを中心に取り除いていきます。収穫は、12月以降におこないましょう。収穫してから5℃ほどの場所に1ヶ月間おいておくと、さらにおいしくいただけますよ。

はっさくは通販でも買える

スーパーでも購入できるはっさくですが、まとめて欲しい方は通販がおすすめ!和歌山県産のおいしいはっさくは通販で購入可能なので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

はっさくの食べ方

皮の剥き方

先ほども書きましたが、はっさくは皮が厚いです。房ひとつひとつの薄皮部分も、通常は剥いて食べます。包丁を使って皮を剥くのがもっともやりやすいので、その方法をご紹介しますね。

1. ヘタと、その対極のへこんでいる部分を、切り落とします。
2. 切った部分同士を繋げるように、周りの皮を厚く剥いていきましょう。このとき、薄皮部分も除くくらい厚く剥いてください。
3. 実と、両面に接している薄皮の間に包丁を入れ、皮から実を剥がします。
4. 種がある場合は取り除いて、完了です。

はっさくはどんな味わい?

はっさくは、甘さと苦さがちょうどいいバランス。すっきりとした風味が特徴で、好きだという方も多いのではないでしょうか。そのまま食べてもOKですし、甘すぎないためサラダに加えてもおいしくいただけますよ。

はっさくの活用レシピ5選

1. はっさくジャム

はっさくをたくさん入手したなら、マーマレードにしてみましょう!これなら日持ちがしますし、パンに塗ったりヨーグルトと合わせたり、いろんな使い方ができますね。時間はかかりますがはっさくと砂糖だけで作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。
▼作るときのコツはこちら

2. はっさくピール

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

lucy

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう