ライター : macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。新商品や美容系のコラムや百貨店情報、レシピ動画を配信しています。

昔話に花をさかせませんか?

一日頑張ったご褒美に、自分の為のおつまみを作ってみませんか?今回ご紹介するのは、誰しも一度は食べたことのある駄菓子のカツ風のあの一品! 30円程度で手に入れることのできる、駄菓子の薄〜いカツ。あのチープな噛みごたえにクセになるスパイシーな味、子どもの頃は勿論美味しく感じたけれど、今食べても結構イケる味です。 子どもの頃には思いもしなかったけれど、これがビールと合うんです。本物のトンカツにはない手頃さ、馴染みやすさが愛されるロングセラー商品ですね。 ただ、原材料を見ると、「魚のすり身・イカ粉」などで構成されている‥そう、実はトンカツではないんです! じゃあ、本当の豚肉で作ったらもっともっと美味しいんじゃないか?ということで、作ってみました!

【分量 3〜4人分】

豚ロース肉(生姜焼き用) 250g程度 カレー粉 大さじ1程度 マヨネーズ 詳しくは行程参照 パン粉 適量 塩・胡椒 適量 ウスターソース おこのみで 【合うお酒】 ビール、ワイン、焼酎、日本酒、ハイボール

作り方

その1:豚肉を一枚ずつ並べ、両面に塩胡椒をふる。
その2:カレー粉をまぶし、全体になじませる。
POINT:肉の上全体にカレー粉をまぶしたら、肉同士をこすり合わせると全体に綺麗に馴染みます。
その3:マヨネーズで肉一枚につき一本線を引く。
POINT1:マヨネーズが細く出せない場合は一枚につきさくらんぼ1粒大が目安です。 POINT2:卵に浸す代わりにマヨネーズをつけることで、マイルド&コクがアップ!
その4:スプーンの背でマヨネーズを全体になじませる。
その5:反対側も同じようにマヨネーズをなじませる。
その6:パン粉をかけ、全体を軽く押して衣をつける。
その7:キッチンばさみで縦半分にカットする。
POINT:細長い形状にすることで駄菓子感がアップ。火の通りも良くなり、よりカリッと仕上がります。
POINT:余分なパン粉は軽くはたいて落としましょう。そうすることでムラなく揚がります。
その8:フライパンに多めの油を熱し、中火で揚げ焼きする。
POINT:勿論しっかりと揚げ油を用意してもOKです。少量の油で揚げ焼きをする場合の油の量は、鍋底が一面油で浸っている程度が目安です。
その9:両面カラッと揚げる。
POINT:カレー粉の色が出るので通常より濃い色に揚がります。色でせず、端を箸でつついて固くなっていたらひっくり返す頃合いです。
その10:火からおろし、余分な油を落とす。
その11:おこのみでウスターソースをかけ、完成!
程よい噛みごたえがあり、噛みしめる度に肉の旨味がぎゅっと出てきます。これはなかなか!駄菓子のアノ味を再現できています! 本当に豚肉を使用しているので、似てはいるものの、また違う表情も感じられます。駄菓子のカツよりも本格的で、アダルトな味。 衣がサクサクしていて、噛みごたえがあってスパイシー‥これはビールがないと!大量に作ったら密閉袋にいれてそのまま冷凍できます。卵と砂糖醤油でとじて、トンカツ卵とじにしても美味しいです。 独特のスパイシーさが生きて、これまたお酒の合う味になりますよ!是非一度、作ってみては?
提供元:

編集部のおすすめ