パーティーからお弁当まで!かわいい「オムライスボール」をたこ焼き器で作ろう

ころんとかわいい「オムライスボール」をご存知ですか?たこ焼き器を使って作る料理なのですが、パーティーやお弁当のおかずにピッタリなんですよ。具材や作り方によっていろいろとアレンジもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

たこ焼き器で作る「オムライスボール」

「オムライスボール」という料理を知っていますか?
ころんとまるい形がとってもかわいいオムライスなのですが、なんとたこ焼き器を使って作るのです!なのでもちろん、大きさもたこ焼きサイズ。お弁当のおかずにピッタリですよ。たこ焼きパーティーをするときの、変わり種として作ってみてもいいですね。
今回は、そんな「オムライスボール」についてご紹介していきたいと思います。まずは、基本的な作り方から。

「オムライスボール」の基本的な作り方

まずは、ケチャップライスを作ります。ボウルにご飯とケチャップ、お好きな具材を入れて混ぜ合わせ、塩こしょうで味をととのえます。それをたこ焼き器の穴に入るくらいの大きさに丸めておきましょう。

温度調節のできるたこ焼き器に油をひき、卵と牛乳を混ぜ合わせたものを流し入れます。お好みで、ピザ用チーズも入れてみてくださいね。
卵が固まらないうちに丸めたケチャップライスを入れ、動かせるくらい固まってきたらクルクルと回して全面を焼きます。卵を焦がさないように、低温で焼くのがポイントです。

お好みでケチャップなどのトッピングすれば、ころんとした形がキュートなオムライスボールの完成!

トッピング・作り方でアレンジもできる!

たこ焼き風に

たこ焼き器で作ったたこ焼き……いえいえ、オムライスボールです。ソースの代わりにケチャップをかけて、さらにマヨネーズと青のりもトッピング。ピックを刺したら、まるでたこ焼きそのものですね!

デミグラスソースをかけて

オムライスボールは、もちろんデミグラスソースとも相性抜群!少し高級感が出てくるので、友だちへのおもてなしにもいいかもしれませんね。オムライスはケチャップよりデミグラスソース派だという方は、ぜひ試してみてください。

卵とご飯を合わせる

最初から、卵とご飯を混ぜ合わせてしまうのもアリです。簡単なので、料理に自信のない方や料理初心者の方などはこちらの方法で試してみてくださいね。お子さまと一緒に作るときにもおすすめです。

Twitterでの反応は……?

特集一覧

SPECIAL CONTENTS