連載

【保存版】冷凍もドライもばっちり!パクチーの選び方と保存法まとめ

近ごろは自宅でもお料理にパクチーを使う人が増えてきましたね。せっかく大好きなパクチーを買ってきたのに冷蔵庫でしなびさせてしまったらもったいない!今回は、新鮮なパクチーの選び方と、冷蔵・冷凍・ドライ保存のコツをまとめてご紹介します。

正しい知識で、最後までおいしく!

数年前まで、嫌いな食べ物リストの常連だったパクチー。しかし、その独特な風味にはまる人が近年続出しています!
サラダやスープなど、どんな料理に合わせてもおいしいのがパクチー。スーパーでのパクチー購入者が増え、「品薄」「売り切れ」なんてことも最近では多くなってきました。

しかし、せっかく購入したものの、気づいたら冷蔵庫の奥でしなびていた……。そんな悲しい経験をしたことはありませんか?食べきる前に、捨ててしまってはもったいない。パクチーは、根っこから茎、葉先まで、すべてをいただくことのできるすぐれた食材なんです。

購入したら2~3日で食べきるのがおすすめ。でも、パクチーの正しい保存方法を知っておけば、おいしく長持ちさせることができますよ。
前回はパクチーの効能についてお話ししました。今回は、パクチーのかしこい保存方法をご紹介します。

▼前回の記事はこちら

新鮮なパクチーの選び方

おいしく保存するには、まず新鮮なパクチーを選ぶのが1番のポイントに。
パクチーは、鮮度が落ちると葉の色が薄く、黄色くなってきます。スーパーで選ぶ際は、緑色が鮮やかで葉がみずみずしいもの、茎や葉など全体がシャキッとしているものを選びましょう。

パクチーの冷蔵保存

1週間程度なら、野菜室での保存がおすすめです。
パクチーは乾燥に弱いので、根元に水分を与えて保存袋や保存容器に入れましょう。4日目くらいから少しずつ香りが弱くなってくるので、なるべく早めに食べきりましょう。
STEP1 パクチーを水で洗う
きれいな水でパクチーを洗いましょう。5分ほど水につけておくと、全体がシャキッとしてきます。
STEP2 水けをしっかりと拭きとる
キッチンペーパーで、パクチーの葉についた水けをしっかりと拭きとりましょう。葉先に水が残ったままだと、そこから黒く傷んでしまうので注意が必要です。葉をつぶさないように、全体をやさしく拭いてください。
STEP3 根元に濡れたキッチンペーパーを巻く
キッチンペーパーを折りたたんで水で濡らし、軽く絞ってからパクチーの根元に巻きましょう。
STEP4 保存袋や保存容器に入れて野菜室へ
保存袋や保存容器に入れて密閉し、野菜室に保存しましょう。葉がつぶれないように、根元の部分を下にして立てて収納しましょう。

パクチーの冷凍保存

長期保存をしたいなら、冷凍がおすすめです。新鮮なうちに冷凍しておくと、栄養も香りもキープしてくれます。解凍しても元の状態には戻りませんが、葉は炒めものやスープなどの加熱調理にはそのまま使えるので便利です。
根元は凍っていても切れるので、そのまま冷凍しておきましょう。スープに加えたり、刻んでドレッシングにしたり。保存期間は、どちらも3~4週間程度です。
STEP1 パクチーは葉と根元で切り分ける
きれいな水でパクチーを洗ったら、キッチンペーパーで水けを拭きとり、葉と根元で分けます。根元とは茎を4~5㎝入れた部分のこと。香りがもっとも強い部分になります。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS