春野菜がぎゅっとつまった春の味覚ワンプレートの作り方

春の短い期間にしか味わえない「春野菜」を使ったワンプレートレシピをご紹介します。寒くて長い冬を乗り越えた春野菜は栄養素を豊富に蓄えていると言われているんです。みなさんも、味覚で春の訪れを感じてみてはいかがですか?

2016年3月6日 更新

春の訪れを感じるワンプレート♩

春野菜がおいしい季節がやってきました♩今回のレシピでは実の水分が豊富で柔らかな食感が特徴的な「新玉ねぎ」や「春キャベツ」といった春の味覚がたっぷりつまった「春の味覚ワンプレート」をご紹介します。

桜ごはんの材料

・お米:2合
・桜の塩漬け:大さじ山盛り(約15g)
・酒:大1、
・昆布茶の素:小1
・薄口醬油:小1
・みりん:小1
・塩:小1/4
・だし昆布:5cm
・空豆 or シュガーエンドウ

つくり方

1. 桜の塩漬けを水洗いし、刻む(飾り付けはとっておく)。空豆は塩ゆで。
2. 炊飯器にお米、調味料、桜の花を入れ2合分の水を注ぎ炊く。
3. 出来上がったら飾りと豆を散らす。

新玉葱の生姜そぼろあんの材料

・新玉葱:2個
・鶏ひき肉:60g
・生姜すりおろし:小1/2
・出汁:300cc
・酒:大2
・醤油:大2/3、
・みりん:大1
・塩:小1/4
・片栗粉:大1/2
・飾り用生姜
・アサツキ
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rinda

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう