ちぎってあま〜い「モンキーブレッド」のレシピ&人気アレンジ3選

今回は、アメリカ生まれ「モンキーブレッド」のレシピをご紹介します。シロップがたっぷりと染み込んだパンは、やみつきになりますよ!人気のアレンジレシピもご紹介しますので、ぜひいろんな作り方で楽しんでくださいね♪

2018年11月6日 更新

ライター : cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの好奇心のままに生きる女☆ヨガや耳つぼなど、心と体のつながりを探求中。どうぞよろしく!

モンキーブレッドとは

「モンキーブレッド」とは、アメリカ生まれのちぎりパンのようなものです。ちぎりパンとすこし違うのは、バターやシロップを染みこませ、コーティングをしているところ。しっとり甘い味わいは、クセになりますよ。

名前の由来

おサルさんの好きなバオバブの木に似ているところから、「モンキーブレッド」と名付けられました。食べるときは、おサルさんが木の実をとるようにちぎっていくのがポイント!基本の作り方をマスターすれば、いろんなアレンジができるので、作る楽しさも広がりますよ。 それでは、まず基本の作り方をご紹介しますね。

モンキーブレッドの基本レシピ

Photo by cestalavie

おうちで作る、ふわふわモンキーブレッドの作り方をご紹介します。ボリュームのあるパンなので、ご家族やお友達とシェアして食べてみてくださいね。

材料(20cmのシフォン型1台分)

Photo by cestalavie

・強力粉      200g ・薄力粉      50g ・ドライイースト  3g ・卵        1個 ・バター(無塩)  20g ・牛乳       100cc ・砂糖       大さじ2杯 ・塩        小さじ1/2杯 ・打ち粉      適量 ・バター      20g ・メープルシロップ 30g

作り方

1. 大きめのボウルに強力粉、薄力粉、ドライイースト、卵、バター、牛乳、砂糖、塩を入れて、手でよく混ぜ合わせます。 2. ある程度まとまってきたら、ボウルの中でこねたり、打ち粉をした台に叩きつけます。 3. ベタつきがなくなって、表面がある程度滑らかになったらボウルに入れ、一次発酵(1時間)させます。

Photo by cestalavie

4. 生地に指をさして穴をあけ、戻らなければ発酵完了です。 5. 打ち粉をした台に生地を広げ、スケッパーなどを使って生地を24〜28等分に分割します。 6. 固く絞った布巾をかぶせ、15〜20分休ませます(ベンチタイム)。

Photo by cestalavie

7. 分割した生地を軽く丸めて形を整えたら、型に詰めていきます。型にあらかじめバターを塗っておくと、焼き上がりに型からはずしやすくなりますよ。 8. バターとメープルシロップを合わせ、ラップをしてレンジで30〜40秒温めます。

Photo by cestalavie

9. 生地全体にメープルバターを塗ります。ブラシを使っても、スプーンを使ってもOKです。終わったら、35〜40℃の温度で、30〜40分二次発酵させます。

Photo by cestalavie

10. 二次発酵が終わった生地の上からメープルバターをまんべんなくかけ、200度に予熱したオーブンで10〜15分焼いたら完成です。

Photo by cestalavie

よく冷ましてから、型からはずしてください。焼きたてもおいしいですが、ラップをしてひと晩おいても、メープルが馴染んで絶品ですよ。

モンキーブレッドの人気レシピ3選

1. オレンジモンキーブレッド

爽やかな甘酸っぱさがたまらない、オレンジモンキーブレッドのレシピです。輪切りのオレンジだけでなく、リキュールに漬けた刻みオレンジも使っているので、ひと口食べただけで風味が広がりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS