ライター : Raico

製菓衛生師 / フードコーディネーター / フードライター

スポンジケーキで簡単!ケーキポップの基本レシピ

Photo by Raico

調理時間 50
市販のスポンジケーキで作る、ケーキポップのレシピです。チョコレートに生地をくぐらせる際は、コーティング用のチョコレートを使うのがおすすめ。テンパリングがいらず早く固まるうえに、つややかに仕上がりますよ。お好きなトッピングで、自由に作ってみてください。

材料(約18個分)

Photo by Raico

※スポンジケーキの代わりにカステラで代用してもOK。また甘味を抑えたい場合は、クリームチーズと一緒にレモン果汁を大さじ1杯加えるとよいでしょう。

Photo by Raico

下準備

・クリームチーズは常温に戻しておく

作り方

1.ケーキポップ生地を作る

ボウルに入ったチョコレートが溶けている様子

Photo by Raico

チョコレートはボウルに入れ、50~55℃の湯せんにかけて溶かします。
透明なボウルに、細かくしたスポンジが入っている様子

Photo by Raico

別のボウルにスポンジケーキを細かくちぎって入れ、さらに両手でほぐして細かい状態にします。
ボウルに入った生地をゴムベラで混ぜる様子

Photo by Raico

溶かしたチョコレートとクリームチーズを加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせます。
丸めた生地をバットに並べた様子

Photo by Raico

1個あたり15g程度になるよう、ラップで包んで丸めます。冷蔵庫で30分ほど冷やします。

2.コーティングとトッピングの準備をする

白いボウルに入ったホワイトチョコレートを泡立て器で混ぜる様子

Photo by Raico

コーティングチョコレート2種類はそれぞれボウルに入れ、50℃くらいの湯せんにかけて溶かします。ケーキポップを乾かすときに使う土台(発泡スチロールやカップに塩を入れたもの、フローラルフォームなど)を用意します。

3.チョコレートをコーティングしてトッピングする

白いスティックに刺した丸い生地を、コーティングチョコレートにくぐらせる様子

Photo by Raico

1をスティックまたはストローに刺し、いずれかのコーティングチョコレートにくぐらせます。
表面にトッピングシュガーをかけた、ケーキポップ

Photo by Raico

垂直に引き上げて余分なチョコレートを落とし、チョコレートが固まるまでにトッピング類をのせます。
塩の入った土台に刺したケーキポップ2個と、黄色いココットに入ったトッピング類

Photo by Raico

土台に刺して、冷蔵庫に20~30分ほど入れて冷やします。表面が乾いたら、できあがりです。

鈴カステラやホットケーキミックスでも作れる

鈴カステラで作るレシピ

鈴カステラを使えば、ころんと丸い形を生かして作れますよ。生地を作ったり丸めたりする手間がなく、デコレーションするだけでできあがり。チョコレートでまるごとコーティングせず、あえて少し残してもOKです。時短で作りたいときや凝ったデコレーションにしたい方にもおすすめ。

バウムクーヘンで作るレシピ

市販のバウムクーヘンで作るレシピです。バウムクーヘンは、スポンジのように崩して作ってもよいですが、こちらはカットタイプの形をそのまま使います。スティック状で細長いので、スタイリッシュに見えますね。チョコレートをライン状にかけ、ドライミントで後味さわやかに仕上げましょう。

編集部のおすすめ