豆の種類別に9選!豆ごはんの基本&人気レシピ

味も去ることながら、その鮮やかな緑で春の訪れを教えてくれる豆ごはん。そこで今回は、豆の種類別に豆ごはんの人気レシピを9点ご紹介します。枝豆、大豆、えんどう豆など、お好みに合わせて、ぜひ作ってみてくださいね。

えんどう豆で作る「豆ごはん」の基本レシピ

材料

米 2合
えんどう豆 150〜200g(さや付き)
塩 小さじ1
酒 大さじ1/2

作り方

1. 白米を炊く時と同様に、お米を研ぎ、水洗いしたえんどう豆を加え、普通コースで炊飯します。
2. 炊き上がったら酒を全体にふり蒸らすと、酒のコクと風味がプラスされ、味に深みが出ます。
3. 最後に内釜の底からひっくり返すように混ぜればできあがりです。

炊き方のポイント

炊飯器
お米を水を入れた炊飯器の内釜で、30分から1時間ほど浸水させてから、塩を加えて溶かします。最後に豆を上に広げて炊飯しましょう。

釜炊き
上の炊飯器の場合同様、研いだ米を30分から1時間ほど浸水させ、ざる上げしてから鍋に移しましょう。400〜450mlほどの水と塩を加えて混ぜ溶かし、豆を上に広げてから炊きしましょう。

枝豆で作る人気豆ごはん3選

1. シンプルな味付けがおいしい♪枝豆ごはん

枝豆を固めに茹で、水気を切り、冷まします。冷めたら、枝豆をさやから出して、薄皮を剥きます。米を研いで水を捨て、酒を入れます。そこに、水を足します。塩を入れて混ぜ、枝豆をのせ炊飯を開始します。

炊き上がったらそのまま蒸らせば完成です。

2. 鮭フレークと枝豆のごはん

サケフレークをレンジで加熱します。枝豆も冷たい場合は、塩を入れて茹でて、水気を切っておきましょう。炊き上がったご飯にサケフレークと枝豆を入れ混ぜ合わせます。味が足りない場合は、塩で調整しましょう。

3. しらす明太枝豆ご飯

お米は研いで30分ほどおいておきましょう。冷凍枝豆は一度解凍してから、さやから豆を取り出しましょう。明太子は中身を出しておきます。炊飯器にお米、水、酒、枝豆、しらす、明太子の中身を入れて炊飯しましょう。炊き上がったら、金ゴマを入れて混ぜ完成です。

大豆で作る人気豆ごはん3選

4. 豆ヒジキご飯

特集

SPECIAL CONTENTS