ケーキマニアが教える!絶品生クリームの作り方

寒くなってくると白くてフワフワの生クリームが恋しくなる。糖分とかカロリーとか、もうどうでもいいからとにかくたくさん食べたい!そんな方のために今回は、伊勢丹新宿店・洋菓子担当の和田真由子さんにお家で生クリームを楽しむ方法を聞きました!

2016年1月29日 更新

ライター : yukky

和洋中なんでも好き、スイーツも好き、ビールフェスはもっと好き。最近は、下北、吉祥寺に出没傾向。宜しくおねがいします。

お家で生クリーム三昧!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
寒くなってくると、白くてフワフワの生クリームが恋しくなりますよね。糖分のこととか、カロリーのこととか、そんなことはどうでもいいから、たっぷり食べたい! だったら「おうちで生クリーム三昧」はいかが? おうちでなら甘さ、泡立て方を加減して、自分好みの生クリームを思う存分堪能できます。 伊勢丹新宿店・洋菓子担当の和田真由子さんにそんな生クリームの楽しみ方を聞きました。

生クリームを添えれば、いつものケーキがランクアップ

和田さんは、伊勢丹新宿店随一のケーキ大好き女子。入社以来、書き続けている「お菓子ノート」の中身を見せてもらうと、販売するケーキの材料やフォルムの特徴、味のポイントなどさまざまな情報がずらりと並んでいます。その「お菓子ノート」は、現在なんと8冊目! そんな和田さん、ケーキは食べるだけでなく、自分で作ることも。特に生クリームは、普段からおうちでホイップして、いろいろなスイーツをアレンジして楽しんでいるのだとか。

選び方がわかれば、生クリームがもっと身近に!

乳製品コーナーに並ぶいろいろな種類の生クリーム。乳脂肪分のパーセンテージで、できあがる生クリームの風味やかたさが変わるので、使う料理やお菓子によってこの数字をうまく使い分けることが大切です。 「ケーキやプリンに添えるとき、乳脂肪のパーセンテージはお好みで。私は45%前後のものが好きです」(和田さん)。

ケーキマニアが教える! おうちで失敗しない泡立て方のポイント

生クリームは氷を入れたボウルに一回り小さなボウルを重ねて冷やしながら泡立てるのが、お菓子作りのお約束。そうすることで仕上がりもきめ細かく、フワッとなります。 「私は、乳脂肪分45%の生クリームなら、涼しい場所で氷水は用意せず、ハンドミキサーを使って手早く泡立てています。気楽に作れるのが一番!」と和田さん。ハンドミキサーはある程度泡立てたら、泡立て器に持ち替えて好みのかたさに仕上げるそう。 ※泡立て途中の生クリームは、温度が高い部屋では十分な空気が取り込まれる前に固まってしまうため、きめの粗いホイップクリームになってしまいます。涼しい場所でお試しください。

材料

生クリーム(乳脂肪分45%を使用)…200ml 上白糖…15~30g(お好みで調整)

作り方

①水気のないボウルに生クリームを入れ、ハンドミキサーで泡立てる。
ポイント1 ハンドミキサーで泡立て過ぎない!
きめが細かく、トロッと流れる程度の「5分立て」が目安。これ以上ハンドミキサーで泡立てると一気にかたくなるので要注意!
②ハンドミキサーから泡立て器に持ち替え、泡立てる。手首の力を抜いて小刻みに動かし、お好みのかたさに仕上げる。
ポイント2 ゼリーにかけるなら、ゆるめの生クリームがぴったり
生クリームを泡立てるうちにボリュームが出始め、下に落とすと跡が残るくらいになります。とろんとしたソースのようなので、コーヒーゼリーにかけたりして楽しんで。
ポイント3 ケーキに添えるなら、ツノがやわらかい状態の生クリームを
さらに生クリームを泡立てていくと、やわらかいツノが立つ「8分立て」の状態に。スプーンですくって、ケーキやプリンにぽってりと添えるのにちょうどいいかたさ。

特集

FEATURE CONTENTS