スイーツとの相性抜群。イチゴを使ったデザートレシピ6選

スイーツにはやっぱりイチゴがあると嬉しいですよね。彩りも華やかで見た目もおしゃれなイチゴを使ったスイーツ6選をご紹介します。バレンタインには勿論、誕生日や何かのお祝い、来客時にも使える万能デザートですので、是非、作ってみて下さい。

1.イチゴのパウンドケーキ

小麦粉、ストロベリーゼラチン、重曹、塩をふるっておきます。バターをハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜ、砂糖を入れふわふわになるまで混ぜます。卵を少しずつ入れ、黄色がなくなる程度に混ぜます。粉類を3回に分けてサワークリームと交互にバターのミックスに入れます。バニラエッセンス、レモンエクストラクト、いちごを生地に入れ混ぜ、バターを塗って粉をはたいた焼き型に入れます。型を軽くたたき泡を消し、165℃のオーブンで焼きます。焦げる様であればアルミホイルを途中で被せます。完全に冷めたらチョコレートガナッシュをかけます。

2.イチゴクリームロールケーキ

小麦粉、ベーキングパウダー、塩をボールに入れ混ぜます。別のボールに卵を入れハンドミキサーで混ぜ、少しずつ砂糖を入れ混ぜ、油、バターミルク、酢、バニラエッセンスを入れ混ぜます。粉類と合わせて混ぜ、パーチメント紙を敷いた型に入れ、175℃のオーブンで12〜15分焼きます。粉砂糖をふった布巾にケーキを取り出し、パーチメント紙を取り除き、布巾を使いケーキを巻き完全に冷まします。

クリームチーズ、粉砂糖、バニラエッセンスを合わせてハンドミキサーで混ぜ、泡立てたホイップクリームを入れ混ぜ冷蔵庫で冷やします。ケーキを巻き戻し平にし、端を除いて全体にジャムを塗ります。クリームをジャムの上に塗り広げ、ケーキを巻きます。ラップで巻き冷蔵庫で1時間以上冷やしてから、粉砂糖といちごを飾り切り分けます。

3.ストロベリーバターミルクドーナッツ

賽の目に切ったイチゴと砂糖を合わせイチゴを潰し、果汁が出るまで置いておきます。このイチゴ果汁のミックスを粉砂糖に入れよく混ぜグレーズを作ります。
小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をボールに入れよく混ぜ、別のボールにバターミルク(無ければ牛乳と酢)、卵、ハチミツ、バニラエッセンスを入れよく混ぜます。ゴムベラでバターミルクのミックスを粉類のボールに入れさっくり混ぜます。イチゴを加え軽く混ぜます。ドーナツ型に生地を入れ、210℃のオーブンで8分焼きます。ラックに乗せ5分置き、グレーズに浸け再度ラックに乗せて乾かします。

4.ストロベリーパンナコッタ

ゼラチンを水でふやかしておきます。鍋に生クリーム、牛乳、砂糖を入れ温め、砂糖が溶けたら火から下ろしバニラエッセンスを入れ5分冷まします。ゼラチンを入れ混ぜ完全に溶かします。グラスに注ぎ、4時間以上、出来れば一晩冷蔵庫で冷やします。
いちごを4つに切り、砂糖、水と一緒に鍋に入れ加熱し、火から下ろします。ブレンダーかフードプロセッサーで滑らかなソース状にします。こし器で漉し、常温になれば冷蔵庫で冷やします。パンナコッタの上にソースをかけ、イチゴとミントを飾ります。

5.ストロベリービスク

イチゴを粗く切り、フードプロセッサーでピューレ状にします。砂糖を加え再度回します。こし器で濾し種を取り除きます。ヨーグルト、ハーフ&ハーフ、グランマルニエ(オレンジリキュール)を加えよく混ぜ合わせます。ラップで蓋をし冷蔵庫で1時間以上冷やし、グラスに注ぎホイップクリームとミントの葉を飾ります。

6.ストロベリークリームパイ

グラハムクラッカーを砕いたものと溶かしバターを混ぜパイ皿の底に敷きます。185℃のオーブンで10分焼き完全に冷まします。
ボールに生クリームを入れ、ハンドミキサーで固い角が立つまで泡立てます。別のボールにクリームチーズ、バニラエッセンス、砂糖を入れハンドミキサーで滑らかなクリーム状になるまで混ぜます。泡立てた生クリームの1/3をゴムベラでクリームチーズの生地に入れ混ぜ、残りのクリームを入れ混ぜます。パイ皿に入れ均等に広げます。スライスしたイチゴを並べます。溶かしたチョコレートに生クリームを混ぜ、イチゴの上にかけます。冷蔵庫で数時間冷やします。
おわりに
これから、段々といちごも出回ってくる季節になりますね。スイーツの基本のフルーツなので、何となくいちごを使ったデザートを見るとほっとしませんか?ビタミンCが多く含まれているので、美容と健康にもお勧めです。バレンタインにひとつ作ってみませんか?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう