デコ飯初心者でも簡単!節分に作りたい「鬼ぎり」アイデアまとめ

2月3日は節分ですね。その日のお弁当には、とびきりキュートな「鬼ぎり」を入れてみませんか?そこで今回は、インスタグラムに上がっているみなさんのアイデア鬼ぎりを見ていきましょう。こんなかわいい鬼たちなら大歓迎ですね!

2018年1月30日 更新

色違いもたくさん!

鬼を色違いにして

ふたりの鬼を、それぞれ違う色で作ります。黄色い鬼と黒い鬼。ふたりとも誇らしそうな顔をしていますね!きちんと鬼のパンツも身にまとい、ころんとかわいらしいです。

カニカマのパンツもGOOD

鬼のパンツをカニカマ&海苔で作ってもいいですね。赤と黄色で華やかな鬼ぎりになりました。卵を菊の花のように細工して切って彩りを。しっかり詰められているので、多少振ってもびくともしなさそうですね!

仲良し3兄弟の小鬼たち

赤・黄・青の小鬼たちが、仲良さそうに並んでいますね。それぞれ表情も違って、手間がかけられていることが分かります。お弁当の時間になり、フタを開けてこの子たちが出てきたら……ときめいちゃいますね!どの子から食べようかな?

おたふくさんも一緒に!

梅しそごはんのおにぎりで鬼を、白いごはんでおたふくさんを表現。「鬼は外!福は内!」のかけ声に合わせて、おたふくさんのふっくらとした笑顔が福を運んできてくれそうですね。飾り切りしたにんじんや大根も、一足早い春を感じさせてくれます。

鬼ぎりでハッピーな節分を♪

いかがでしたか?見たところ、鬼の髪の毛にかつおぶしを使っている方が多いみたいですね。パパッとトッピングできるので、便利なのかもしれません。

おにぎりを作って、海苔で表情を卵焼きやにんじんで角などを付ければ完成なので、デコ弁としても比較的手軽に作れてしまう「鬼ぎり」。キャラ弁初心者の方でも、気軽に作ることができそうですね♪
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう