ローディング中

Loading...

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょうか?

今、コーヒーの世界に新たな変化の波が押し寄せている

最近、ちまたでよく耳にするのが「サードウェーブ・コーヒー」という言葉。雑誌などで特集されているのをよく目にしますが、そのうち本格的なブームが来そうな予感です。

サードウェーブ・コーヒーとは、アメリカのコーヒー文化「第3次」ムーブメントのことです。アメリカのコーヒー文化の影響を受けやすい日本にとっては、この「第3の波」が日本にまで押し寄せてくるのは時間の問題ではないでしょうか。

出典: news.mynavi.jp

3月下旬には、アメリカ西海岸のBlue Bottle Coffeeが2014年中に日本でショップオープンを計画中というプランを発表、コーヒー好きの間で話題になり、オープン予定地の清澄白河は一躍ホットワードに踊り出ました(あくまでもコーヒー好きの間です)。

日本でもシングルオリジンのスペシャルティコーヒーにいちはやく着目して紹介してきたコーヒーショップたちに進化の動きが出ています。2号店を出店したロースターさん、移転してスケールアップを図るコーヒースタンドなど、着実にサードウェーヴという波は伝わり続いています。

出典: www.gizmodo.jp

このように、コーヒーを取り巻く環境はめまぐるしく変わってきています。

そして、コーヒーの時流に敏感な人たちによって、日本への到来間近と予言されているのが「サードウェーブ・コーヒー」というムーブメントなんです。

そもそもサードウェーブ・コーヒーとは?

サードウェーヴという言葉の意味を簡単におさらいすると、1970年までのアメリカでコーヒーが広く一般家庭でも飲まれるようになったファーストウェーヴ、スターバックスに代表されるシアトル系深煎りコーヒーが世界的に人気となった1990年代までのセカンドウェーヴに続く、第3の波、それがサードウェーヴです。

出典: www.gizmodo.jp

ファースト、セカンドときて、今回がサード、三番目の波ということ。

とはいえ、ファースト、セカンドはどのようなムーブメントだったのかイマイチわからないところ…。
ということで続いては、ファーストウェーブ、セカンドウェーブの特徴をザックリとご説明しましょう!

ファーストウェーブとは?

第二次世界大戦後~1970年代ごろまでの大量生産・大量消費型のコーヒー文化のこと。
この頃に真空パックが開発されコーヒーの大量生産・遠距離流通が可能になった事により、一般家庭でもいわゆる「アメリカンコーヒー」が大量に消費されるようになりました。この頃のコーヒーは品質重視されていませんでした。

出典: www.maedacoffee.com

セカンドウェーブとは?

ファーストウェーブへの揺り戻しから、より高品質なコーヒーを提供しよう、という
動き。この流れの後半が、スターバックスがエスプレッソビバレッジを出し始めた頃。
エスプレッソ系ドリンクを出すインディペンデント系ロースター、カフェ興隆の時代で、
コーヒーは味を重視する傾向に。

出典: amberbubbles.com

誰もが気軽にコーヒーを楽しめるようになった現在。

さらに美味しいものを味わいたいと思うのが人間の性分でしょう。

つまり、サードウェーブへの流れは必然の結果といえます。
ファースト、セカンドと辿ったムーブメントは、遂にサードウェーブへと差し掛かります。

続いては、サードウェーブコーヒーを構成する3つの特徴を取り上げてみましょう。

「サードウェーブ」をオススメする3つの理由

【その1】単1種の苗木から収穫されたコーヒー豆だけを使用する「シングルオリジン」

サードウェーブコーヒーの特徴はなんと言ってもスペシャリティーコーヒーと呼ばれる全体の流通量の5%しかない上質な豆の中でも産国、生産地、処理方法が明確になっていて、ブレンドされていない「シングルオリジン」を使い、ワインのようにその地域ごとに異なる風味や味わいを楽めることです。

出典: tokyo.fabcafe.com

【その2】 浅煎り〜コーヒー本来の香りを楽しむために〜

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

実はフランス料理より難しい!? 知らないと恥ずかしい「焼き鳥の食べ方マナー」を伝授!

日本における庶民の味・焼き鳥。最近は、焼き鳥を一つひとつバラして食べるスタイルが多くなってきたようですが、実際にその食べ方に不快感を表す人も多いのが現状です。果たして、焼き鳥の正しい食べ方とは? そして、どう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

捨てずに活用!栄養豊富な「大根葉」を使った節約レシピ23選

ビタミンとミネラルがたっぷりな大根葉ですが、いまでは店頭に並ぶ大根に葉がついていることは稀ですね。たまに旬の収穫期に葉つきの大根が売られていることがあります。そんなときに買った大根の葉を上手に調理する人気のレ…

まるで大学芋!? 新発売「やわもち安納芋」は日本人の心を揺さぶる贅沢アイス!

コクのあるアイス、柔らかいおもち、自慢のあんこが合わさった井村屋の「やわもちアイス」。これまでにノーマルなつぶあんや抹茶あん、わらびもちなどが発売されている人気のシリーズですが、今回、安納芋が新登場しました。…

もうこれで迷わない!クラムチャウダーの旨味を引き立てる献立レシピ20選

あさりの旨味とミルクのコクがおいしいクラムチャウダー。優しい味わいは子どもから大人まで人気のメニューです。ですが、クラムチャウダーを献立に持ってくる際、付け合わせに悩みませんか。お肉?お魚?主食は?今回はそん…

ページTOPに戻る