注目!美容にもいいおしゃれな「ワイン鍋」おすすめレシピ5選

毎年冬になると新しい鍋料理が注目を浴びますが、今年は「ワイン鍋」がトレンドに!お酒が弱いからという方も加熱すればアルコールは抜けちゃいますので大丈夫!美容にもいいワイン鍋をあなたも是非作ってみてくださいね。

「ワイン」は飲むだけじゃありません!

いや、もちろん飲むのもおいしいんですが(笑)今までもワインを煮込み料理に使ったり風味づけに使ったりということはありましたが、「ワイン鍋」は鍋のダシとしてワインを使いますので、熱してアルコール分も飛んでしまいます。ですのでお酒に弱い方でも安心して味わえちゃいますよ!

ワインには女性にも嬉しい健康効果が♡

赤ワインには「ポリフェノール」がたくさん入っており、ポリフェノールは抗酸化力が強いんですね。お肌のシミ・吹き出物にも効果があり、アンチエイジングに有効な成分として注目されています。

また白ワインは殺菌効果があり、大腸菌・サルモネラ菌を滅菌してくれます。このことで腸内環境も整えてくれるのです。
ということで、おすすめのレシピをご紹介しますね!

1、魚介類で白ワイン鍋

エビやほたて、あさり、鮭、イカなど魚介類を豊富に使って白ワインで鍋を。玉ねぎは千切り、にんにくはみじん切りにしましょう。玉ねぎを少し透明になるまでゆっくり炒め、白ワインを加えて弱火で20分程度煮込みます。水・ブイヤベースのもとも追加して煮立たせたら魚介類を入れましょう。

しめはパスタで!魚介の味が染み出した鍋で食べると一段とおいしいのでは?魚介類は火の通しすぎに気を付けましょう。

2、ハーブとトマト缶でヘルシーに

ホールトマトの缶と赤ワイン・ケチャップ・お好みのハーブ(レシピではオレガノとバジル)を入れて煮立ったら具材を入れます。野菜はキャベツ・玉ねぎ・きのこ・ピーマン・じゃがいもなどを入れ、コクが出るのでソーセージも是非!鶏肉も先に焼いて油を切ってから入れるとさらに美味です。

日経ウーマンオンラインにも取り上げられた人気のレシピ。レシピ考案者さんは「自分が飲んでおいしいと思うワインを使っています」とのことです。

3、ワインの効果でお肉もやわらかい♪

赤ワインを鍋で加熱しアルコールを飛ばして、砂糖・醤油・コンソメ・塩と水を追加し、煮立たせます。水菜・しめじ・えのきだけなどと豚肉を入れて召し上がれ!オリーブオイルとコショウを上からかけてもGOOD。

鍋の汁が残ったら煮詰めてごはんとチーズを入れてリゾットにしても。二度楽しめちゃいますね!

4、オラフもいるよ!和牛でリッチに

料理酒と醤油・レモンの汁・バターを煮立たせて、火を消したらバジルを振りかけましょう。鍋に赤ワイン・コンソメ・水を入れ、エリンギ・ネギも煮ます。牛肉と野菜はしゃぶしゃぶのようにして、先に作っておいたバジルバターソースでディップしていただきます。

大根アートは「オラフ」。大根は胃もたれにも効果ありの野菜です。オラフのとぼけた表情がなんとも愛らしいですね!

5、白ワインでポワソン風

特集

SPECIAL CONTENTS