話題の保存方法「塩フリージング」とは?うまみもアップして時短料理にも!

今「塩フリージング」が話題なのをご存知ですか?冷凍するときに塩を食材に加えることでおいしく長持ちさせることができるんですよ。肉や魚、野菜でもOKなんだとか。ではどのように塩を使って冷凍すればいいんでしょう?ご紹介します。

冷凍した食材でこんな経験はありませんか?

安いときに食材をまとめて買っておいてとりあえず冷凍に。しかし長期間使わなかったら味は落ちてしまい、「冷凍焼け」を起こしてしまうことにもなりかねません。

「やっぱり冷凍だとおいしくなくなっちゃうか...」とガッカリ。でも冷凍でも食材をおいしく長持ちさせるコツがあるんですよ。それが最近話題になっている「塩フリージング」。

食材に塩を加えておいしく長持ちに!

「塩フリージング」のメリットは食材を塩ゆで・塩もみすることで食材の余計な水分が抜けるため、きゅうりやじゃがいも、葉物の野菜など今までなら冷凍に向かないとされていたものも冷凍保存できるということなんです。

肉や魚も可能です。

肉は塩を振って冷凍しておけば1ヶ月ぐらいたっても色は変わらないし、食べても解凍したものとは思えない風味と食感に。アジ・いかなどの魚介類は新鮮なうちにそのまま内臓もとらずに塩水に浸して冷凍すれば、解凍後になんとお刺身で食べることも可能なんだそうです。

下ごしらえ不要なのもありがたい!

塩フリージングした食べ物はだいたいカットしてから冷凍しますので、下ごしらえも不要ですぐ料理に使えます。時短にもつながって便利です。

また塩フリージングした肉・魚は調理することで、その素材にしみ込んだ塩味とそれによって引き出されたうまみでとってもおいしくなるんですって。

塩フリージングには食材の種類によって、「ゆでる」「もむ」「つける」「ふる」などの方法がありますが、ではどのようにすればいいんでしょう?

葉物・根菜類は短時間塩ゆでしましょう。

アスパラ・いんげん、葉物の野菜、根菜類(にんじん・れんこんなど)、魚の切り身などは塩ゆでの上、冷凍保存しましょう。お湯を沸騰させて、その量の1%程度の塩を加えて、10秒をめどとしてさっとゆでればOKです。

たくさんの食材をいっぺんにお湯に入れますとお湯の温度が下がるので気を付けましょう。

水分の多い野菜は「塩もみ」に

キャベツや大根、きゅうり等水気が多い野菜は、薄くスライスして塩もみし、水分を抜けば冷凍保存出来ちゃいますよ。解凍して和え物に使ったりサラダに使ったりしてもシャキシャキ感が味わえます。

肉・魚には1%ぐらいの塩を振ります。

肉や魚はそのまま冷凍するとたんぱく質や脂肪分が変化して風味が落ちてしまうこともありますが、塩を振れば劣化も防止出来て「うまみ」も増加します。塩の量はその素材の重さの1%程度を振るようにしましょう。

丸ごとの魚は塩水につけましょう。

魚丸々一尾やいかを処理するときには新鮮なうちによく洗って、内臓・うろこはつけたままにして1%の濃さの塩水で浸し、冷凍保存します。冷凍用の保存パックに入れるときに全体が塩水につかっているか、よく確認してくださいね。

「塩フリージング」についての本も発売

別冊ESSE(エッセ)、濱田美里さん監修の"塩フリージング"で冷凍保存が変わるという本に、さらに詳しく塩を使っての冷凍保存法が書かれていますので、気になる方はぜひ手に取ってみてくださいね。Amazonでも購入できますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS