「カップ焼きそば」はレンジでチンで生麺風もちもち麺になる!

カップ焼きそばはレンジでチンすると生麺風のもちもち麺になると、テレビ番組の「あのニュースで得する人損する人」で紹介されて話題になっています。使うのは、いつものカップ焼きそばと熱湯と電子レンジだけでOK!

カップ焼きそばを生麺風に!

カップ焼きそばはレンジでチンすると生麺風のもちもち麺になるとテレビ番組の「あのニュースで得する人損する人」内で紹介され、話題になっています。先日、どん兵衛もレンチンすると生麺になるという事で紹介しました。
この方法が紹介されてから、Twitterなどで早速試してみる人が続出しています。電子レンジでチンするだけなので誰でも簡単にすぐ試せるのがいいところですね!皆さんもぜひやってみてください。

カップ焼きそばを生麺風にする方法

カップ焼きそばを生麺のようにふっくらモチモチ食感にする方法で使うのは、いつものカップ焼きそばと熱湯と電子レンジだけ!

①カップ焼きそばにお湯をいれましょう
②表示時間より1分ほど短い段階でお湯を切り捨てます
③そのまま全てふたを外し、ラップをせずに500wの電子レンジで2分加熱します
④加熱し、水蒸気で中が見えなくなったら完成の合図です!取り出してから菜箸等で一気にほぐしましょう。
⑤迅速にソースをまぜて完成です。
Twitterなどではさっそく話題になっていて、

「お昼はカップ焼きそばがあったので、電子レンジを使った調理法で作ってみた。モチモチな麺に!これはおいしい」
「電子レンジ使ったカップ焼きそばがうますぎるけん。皆やった方がいい」
「カップ焼きそばを電子レンジかけるとマジで生めんだ!ペヤングがペヤングじゃなくてびっくり」

など、とても好評のようです。

なぜ麺のようなもちもちの食感になるの?

ではなぜ、いつものカップ焼きそばが電子レンジを使うだけで、超簡単に生麺のようなもちもちの食感に変わってしまうのでしょうか?そのポイントは麺に含まれている水分量が関係しています。カップ焼きそばを普通に作ると丁寧に湯切りをしても、どうしても水分が残ってしまい、少しベチャベチャになってしまいます。

しかし電子レンジを使って高温で一気に加熱すれば、麺の水分を飛ばすことができるので本格的な生麺のようになるというわけなんです。麺に含まれるこの余分な水分が飛んでくれるのでモチモチの食感を楽しめるのですね!
カップ麺はコンビニで買えるので、試してみる価値はありそうですね!「電子レンジでカップ焼きそばとか考えたやつ天才だろ。めっちゃうめー」「生麺になるって聞いたからやったけど!まじうまい見た目も生麺になってる!」「生麺になるわけないやろと思って食べたらホンマや!ってなった。久々に食べたけどこれはやめらんねぇな…」など、大満足できるようです。
いかがでしょうか?テレビ番組の「あのニュースで得する人損する人」で紹介された「カップ焼きそばを生麺のようにふっくらモチモチ食感にする方法」は大きく話題になっているので、きっと皆さんの周りにもチャレンジしている人がいるはず!
いつもの変わらない材料で、電子レンジを使うだけでアレンジできるのは嬉しいですよね!基本的にはカップ焼きそばならなんでもOKなので、ぜひお好みのメーカーの商品でやってみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS