まるで専門店!「どん兵衛」はレンジでチンすれば一瞬でモチモチの生麺風♩

みなさんおなじみ「どん兵衛」にお湯を注いでレンジでチンすると、まるで生麺になるという裏技がネットで話題になっています!その方法はとっても簡単!「熱湯を入れてから500Wのレンジで3分間加熱する」。以上です!ぜひこの感動を味わってください!

どん兵衛が生麺みたいになる!?

日清食品グループが製造・販売しているカップ麺のどん兵衛。もっちり太いうどんがおいしいおなじみのきつねうどんです。道産利尻昆布使用のダシが効いた甘めのつゆと麺とおあげの相性が抜群!続々と新しい商品も発売され、天ぷらそば、カレーうどんなどのシリーズも人気です。
そんなどん兵衛が生麺みたいになる裏技がネットで話題になっています!その方法はとっても簡単で、「熱湯を入れてから500Wのレンジで3分間加熱する」というものだそう。

「ネットで見たから予定通り今朝、どん兵衛のかき揚げ天ぷらうどんのカップ麺を電子レンジで調理してみた。乾燥きしめんを大きな鍋でしっかり茹でたような麺になった」「噂の裏技やってみたんだけど、麺はなんとなくモチモチしてお揚げはふっくらしてる!」「どん兵衛をレンジでチンするという技を見かけたので真似したい!」など、Twitterを中心に話題になっています。

裏技の方法

ここで「どん兵衛が生麺みたいになる裏技」を改めて紹介させていただきます。

①どん兵衛のフタを全てはがします。通常通りにスープ等の小袋を取り出しましょう。
②どん兵衛に熱湯を少し多めに注ぎます。注ぎ終わったらゆるくラップをして500Wのレンジで3分間加熱しましょう。
③容器の変形が気になる場合もあるのでできれば器に移してから行うのがベスト。完成したらスープを混ぜ、味わってみてください。驚き食感のツルツルな麺のどん兵衛のでき上がりです!
普段食べるときよりも、少し多めに熱湯を入れておくのがポイント。なぜならレンジで加熱すると水分が蒸発してしまったり、麺や具に水分が染み込みやすくなったりするからです。ネットでは「電子レンジで600Wで5分チンしたら完成!」など、電子レンジによって最適な分数が違ってくるようなので、最初は様子を見ながら行ってみることをおすすめします。
どん兵衛を電子レンジでチンすると生麺になる理由は、インスタントの麺に秘密がありました。インスタント麺は一度茹でたものを油や熱風で固めたものになっているので、加熱し続けることで麺本来のモチモチ感が復活するのだそうです。普段よりつるつるしている食感はまさに出来たての生麺のよう!インスタント麺の常識が覆されるはずです。

Twitterやインスタでも大好評!

ネットでは、

「どん兵衛をレンジ5分で生麺ってやつ、さっきやってみたけどめっちゃもちもち生麺で美味しかった」
「どん兵衛を電子レンジでチンすると生麺になるやつ、今日やってみたんやけど、ツルツルもちもちで美味しい!」
「冗談かと思ってやってみたら本当に生麺みたいになりおった」

など、好評の様子がうかがえました。

さっそくお家でチャレンジしよう!

皆さんもぜひTwitterなどで話題になっている「どん兵衛が生麺みたいになる裏技」を試してみてはいかがでしょうか?今までのインスタント麺とはまた違ったおいしさを味わってみてください!ちなみに、他の味やカップ麺でもこのやり方は通用するらしいので、そちらもチャレンジしてみて。
レンチンを試した人は、次は「10分どん兵衛」もチャレンジしてみよう!

特集

SPECIAL CONTENTS