15分でOK!ネパール風焼きそば「チャウメン」の作り方

チャウメン(炒麺)とはネパールの焼きそば。日本のものよりあっさりとヘルシーな味わいなんですよ。簡単にできておいしいのでぜひ。ネパール版ぎょうざ「モモ」のレシピもご紹介しますので、あわせて作ってみてはいかがでしょうか?

あっさり味のネパール風焼きそば「チャウメン」

材料・2人分

卵麺…226g(焼きそば用の麺でOK)
えび…170g、殻をむいて背ワタを取ります。
油…大さじ2杯
にんにく…2かけをみじん切りに
キャベツ…57g、せん切りに
もやし…113g、洗って水を切ります。
ねぎ…1本、5センチ幅でカット

【ソース】
オイスターソース…大さじ山盛りで1杯
しょう油…大さじ1杯
砂糖…大さじ1杯
ゴマ油…小さじ2分の1杯
水…大さじ3杯
塩…ひとつまみ

調理方法

1、麺はパッケージの説明通りゆでておき、小さいボウルでソース用の材料は全部混ぜておきます。

2、鍋かフライパンを強火で熱し油を入れます。にんにくを加えて香りがたつまで炒めたらえびを投入し表面の色が変わるまで炒めます。キャベツを入れてたえず炒めたら麺とソースもくわえます。麺は1分ぐらいしたらひっくり返しましょう。

3、もやしを入れたらねぎを追加し、何回か混ぜたら完成です。お皿に移して熱いうちにいただきます。
簡単に作れてサッパリとした味で食べやすいチャウメン。日本の焼きそばと比べると色もついていませんし、ヘルシーな感じですね。ネパールでは昔から作られていて、老若男女に愛される料理なんだとか。ネパールの寒い地域の人たちはこれを食べて力をつけ、冬を乗り越えるんですって。

こちらの記事を参照しました。(海外)

ネパールのぎょうざ「モモ」の作り方

材料・12個分

小麦粉…カップ4分の3杯
水…必要なだけ、適宜
塩…小さじ4分の3杯
油…小さじ2杯

【中身】
キャベツ…カップ1杯分、みじん切りに
にんじん…カップ4分の1杯分、みじん切りに
にんにく…大さじ1杯分、みじん切りに
ねぎ…4~5本
砂糖…小さじ4分の1杯
黒コショウ…小さじ2分の1杯
しょう油…小さじ1杯
塩…小さじ2分の1杯
油…大さじ1杯

調理方法

1、小麦粉と塩と油をボウルに入れ、水を加えて生地をなめらかにします。生地がまとまったらラップなどカバーをしてそのままおきます。

2、油をフライパンで熱し、にんにくを入れ、ねぎの白い部分を投入します。強火で炒め、ほかの野菜のみじん切り・砂糖も追加し、さらに1分炒めます。

3、塩・コショウ・しょう油を追加し、よく混ぜて最後にねぎの青い部分のみじん切りを入れましょう。中火で1分炒めたら火を消します。

4、生地は麺棒などで伸ばして、ちいさいCDを作るようにぎょうざの皮を成形しましょう。コップの底などで型を抜いてもいいかも?皮の真ん中に炒めた具をのせて、ひだを作って封をします。日本のとは形も違って「小籠包(しょうろんぽう)」っぽいですね。

もちろん日本のぎょうざの形に作ってもOKですが、レシピ考案者のラジェスワリさんが包み方の動画もアップしてくれています。参考にどうぞ。
5、蒸し器でぎょうざを間をあけて並べ、5分蒸します。この時に軽く油をふりかけると生地がしっとりしますよ。
蒸すということは、ますます小籠包に似ていますね。野菜だけでは物足りない方はひき肉も一緒に入れて作りましょう。

こちらの記事を参照しました。(海外)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう