フランスの定番朝食「ムイエット」で毎日の食事を華やかに☆

フランスの朝ごはんの定番「ムイエット」を知っていますか?細長いバゲットなどをゆで卵などにつけて食べるというもので、シンプルながらとてもおいしいそうですよ。今回はそんなムイエットについてご紹介します。是非あなたもやってみてくださいね。

2018年9月4日 更新

「ムイエット」ってどんなもの?

「ムイエット」(mouillette)とは、細長いバゲットなどをトーストして、料理に添えたり、半熟のゆで卵につけたりして食べるのが一般的なフランスの朝ごはん。

朝食には軽く甘いものを食べるというのが習慣であるフランスでは珍しい「甘くない唯一の朝ごはん」。でありながら最もフランスらしいメニューだとフランスの人たちがそろっていうのがこのムイエットだそうですよ。

バゲットを細長くカットしてトーストということならご自宅でもできそうですね。是非おしゃれな朝ごはんということで皆さんもいかがでしょうか?いくつかアイデア・レシピをご紹介します。

半熟卵にディップして!

こちらはオーソドックスに半熟ゆで卵にバゲットをひたすムイエットです。半熟ゆで卵の作り方って難しいんじゃないか?ってお思いの方、こちらのレシピを参考にして是非作ってみてくださいね。

プロが教える失敗しない簡単半熟卵の作り方

大きい鍋にお湯を沸騰させ、卵をゆでます。ゆでる時間は5,6分ぐらい。それから、箸でかき混ぜると黄身を真ん中に持ってくることができるんですよ。ゆであがったらザルにあげて、氷水の中につけると、卵の殻もむきやすいです。

ポーチドエッグでムイエット

ポーチドエッグに、パルメザンチーズをふりかけトーストしてスモークサーモンを巻きつけたパンをひたして食べます。こちらもとってもおいしそう!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう