空腹注意!インスタで人気のシズル感とは!?

インスタで人気のワード「シズル感」。実際どういう意味なの?由来は?今回は「シズル感」について、意味から五限まで詳しくご紹介します。加えて、シズル感満載の画像の数々!香ばしく焼けた脂と肉や甘さが口に広がりそうなスイーツ……至福の飯テロ「シズル感」画像集をご覧あれ!

2019年2月13日 更新

料理をよりおいしそうに見せる「シズル感」

食欲をそそるこの一枚焼けてます……レアのステーキですぅぅ……
これから始まるおいしい時間を想像させる、臨場感に満ちたこの一枚はまさに「シズル感」がある画像です!あれ?でも実際、「シズル感」ってどういう意味なんだろう? 由来は?

疑問に思ったら即解決!これより詳しくご説明していきますね。

シズル感とは?

「シズル感」の意味とは?

「シズル感」は元々、広告業界から広まった言葉で、広義と狭義の意味があります。広義の意味では「購買意欲をそそる商品の魅力や特徴、またはセールスポイント」、狭義の意味では「ジューシーさやできたて感など匂いや音が伝わりそうな、思わず食欲が刺激される臨場感がある演出」です。「演出」であるため、写真や動画に限らず、目の前で焼かれている実演販売や、音や匂いも含まれるところがポイントです。

InstagramなどSNSで使われてる「シズル感」は、狭義の意味で使われることが多く、さまざまなユーザーがそれぞれ自分が思う「シズル感」を演出して写真や動画を投稿しています。

「シズル感」の語源とは?

「シズル感」の「シズル」は、元々英語「sizzle」−「肉がジュージュー焼ける音や、肉汁が滴るような状態」という単語から来ています。

この言葉が広がったのは、エルマー・ホイラーの著書「Don't Sell The Steak-Sell The Sizzle(ステーキを売るな、シズルを売れ)」という本から来ています。
彼は1900年代前半にアメリカで名を馳せた経営コンサルタント、営業講師で、そのノウハウを記した「ホイラーの公式」でも知られている人物です。その「ホイラーの公式」が記されているのが先ほどご紹介した「Don't Sell The Steak-Sell The Sizzle(ステーキを売るな、シズルを売れ)」です。

この言葉を日本の広告会社のクリエイターたちが使い始め、それが一般に広がったのだと思われます。
よだれが「ジュルジュル」出そうな音や、「しずく」の意味が転じた訳ではないんですね。知らなかった……。
う、うん、もう小むずしいことはいいや(笑)
要するに「思わずヨダレが出そうな食欲増進飯テロ画像」ってこと!
お腹がすいている時に見たら後悔するような肉汁……いや、「シズル感」溢れる画像をたっぷりとどうぞ!

シズル感満載!肉のシズル感画像8選!

こんがり餃子と生ビール!セットで一杯いきたくなりますね。たっぷり酢醤油に、肉汁あふれる餃子を絡めてからのひと口♪そしてぐいっとビールをあおると……。羨ましい限りですね。
滴る脂が炭火に当たって、香ばしさ満載の煙がふんわり立ち上がりそうです♪ お肉を堪能するには炭火で炙るのが一番!お酒を飲んで、肉を食べて、至福の時間を味わいたいですね。
じっくり焼いたら、大胆に手づかみでガブッと行きたいラムチョップ。香草の香りをまとってビールがどんどん進んでしまいそうですね。
これぞ日本のサラリーマンの友!焼き鳥です。皆さんは塩派ですか?それともタレ派?どちらにしてもお酒が止まらなくなることは確定ですけどね♪ 熱々をぜひとも頬張りたい……。
テカッテカに肉汁が染み出した牛タン。ネギと塩、そして外せないレモンをかければ、ごはんにもお酒にもぴったりです。今すぐにでも食べたい……。
中がちょうどいい色味のミディアムレアステーキ。粗めの岩塩だけで味をつけてありそうです。赤ワインがとっても合いそうですね。
ステーキソースのジュワジュワと、ほんのりこげた玉ねぎに埋もれたステーキの香り……。玉ねぎの甘さとステーキの旨みが、お口の中で広がりそうです。お肉画像は危険すぎる!
熱々の鉄板でジュージューと音を立てるデミグラスソース……。想像するだけで生唾ものですね。子供も大人も大好きな、肉汁たっぷりジューシーなハンバーグです。

肉だけじゃない!卵のシズル感画像8選!

カリッカリベーコンに目玉焼き。ザクザク、トロトロ、明日の朝食はこれしかないですね!食パンにのせてもおいしそう!たっぷりケチャップをかけて。
このあと卵黄が広がるのが想像できました。そそられたあなたは、動画あるので、下記よりぜひ見に行ってみるべき!半熟卵ってどうして、あんなに幸せなんでしょうね……。
ナイフを入れればトロッと広がる半熟卵がのったエッグベネディクト。トロトロ卵を絡める瞬間は、幸せのひと言に尽きます。この瞬間のたび、ワクワク感が抑えきれません♪
半熟卵とハンバークなんて、黄金コンビ出されたら、よだれがとまりません!こっくり濃厚な黄身に絡めていただきます!
つっやつやのうどんにしょうゆをかけて、黄身を割って、絡めていただきます!朝昼夜問わず、さっと作れて食べられるスピードメニュー、うどん。シンプルだけど奥の深いひと品ですよね。
気品溢れる黄色のコートを纏ったその姿は、優雅のひと言♪ スプーンでそのトロトロをほおばりたいですね……。バターの香り、ケチャップのうまみ、卵のコクを楽しめる、オムライスが食べたくなってきました。
日本人のハートを鷲掴む、シンプルイズベスト。ピカピカ新米に新鮮たまご、たっぷり醤油で卵かけごはん!日本の朝食の味と言っても過言ではないでしょう。

日本人の唾液腺を刺激する組み合わせ。ぷちぷちとした食感の明太子と、ピカピカの銀シャリは大人のシズル感といえそうですね!

しめはやっぱり!スイーツのシズル感画像6選!

昔ながらの素朴な味付け、日本ならではの甘味であるみたらし団子。こげた団子の風味と、みたらしの風味が、食欲を刺激しますね。
ふわっふわのかき氷。ほろりと落ちそうなゆであずきに、思わず手が伸びてしまいそうです!
家で作る自家製かき氷も、お店で食べる巨大かき氷も、どちらもおいしいですよね。
とろけるバターと、とろけるハニー……。たっぷりと液に漬け込んで、じっくり焼いたフレンチトーストは、それだけで至極のひと品。フルーツと一緒に食べたら天にも昇るようですね。
バニラアイス on the ケーキ……。カロリーの掛け合わせですが、おいしさの相乗効果も発揮しています。香りも甘さも伝わってくるシズル感がたまりませんね。
何かが滴るということにそそられてしまうのでしょうか。見慣れているパンケーキにメープル……なのに、目尻が下がる思いで眺めてしまいますね!
スイーツのシズル感はワクワクしますね!お肉とはまた違った次元の誘惑がいっぱいです。明日のティータイムのお楽しみがひとつできました♪

シズル感、味わっていただけましたか?

今回の検索ハッシュタグは「シズル感」「シズル」「sizzle」の3つでした。
深夜にご覧になったあなた様、ほんと申し訳ありません(笑)
画像から滴る肉汁……もとい「シズル感」を堪能していただけたなら幸いです。

このソフトクリームにかぶりつきたいなぁっ!
ぜひ、皆さんもシズル写真を投稿してはいかがでしょうか♪
▼実はそんな意味だったんだ!曖昧だった違いもこれでスッキリ!
▼もう肉汁を感じなきゃ気が済まない!今すぐお店へレッツゴー!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう