ローディング中

Loading...

連載:写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ

Instagram(インスタグラム)のフード写真を上手に撮るノウハウを紹介しているこの連載。今回はおしゃれな写真の撮り方や加工の仕方、おすすめの無料アプリなどまとめてをご紹介。きっとあなたも「いいね!」をたくさん押してもらえるはず。

Instagramに投稿するのは加工をしてから

Instagramを見ていると、本当にいろいろな人が写真を投稿しています。そして、たくさんの「いいね!」をもらっていますね。あなたも素敵な写真を見かけるたびに、「いいね!」を押しているんじゃありませんか?

あなたがふだん撮っている写真とあなたに「いいね!」を押させた写真、いったいどこに違いがあるのでしょう。それを理解できるようになれば、きっとあなたもおしゃれな写真を撮れるようになるはずです。

もちろん簡単ではありませんが、そのためのテクニックには、手軽にできるものがいくつもあります。中でもすぐに実践できそうなのが、よりおいしそうに、おしゃれに見えるよう写真を加工する方法。これを知っているかどうかで、あなたの写真のクオリティは格段に上がると断言できます。

というわけで、今回はおしゃれな写真を撮るコツをまとめつつ、そうして撮った写真をどうすればより素敵な作品に仕上がることができるのか、その加工法をお教えしたいと思います。ちょっと覚えればすぐに試せるものばかりなので、ぜひ覚えてくださいね。

まずはおしゃれな写真を撮るコツ

撮影するのは午前中。自然光を利用する

某サイトで行われたアンケートによると、フード写真で人気の高いインスタグラマーの多くが、朝6時から12時の間に撮影を行っていました。これは、そう答えたほとんどの人が、自然光を使って写真を撮っているため。

なぜかというと、自然光はとても明るく、色が自然で、かつやわらかな光だからです。

特に、色がついていない午前中の光は、写真を撮る上でとても扱いやすい光です。この光を料理などの後ろからやや斜めの逆光で当たるよう被写体を配置して撮影すると、生々しい影のない、明るくて雰囲気のある写真を撮れる可能性が高くなるでしょう。

被写体の色を意識する

ナイフとフォークで切ったチキン

Photo by macaroni

写真の色味はとても大事な要素です。食材の色がくすんでいたらおいしそうには見えませんし、その逆に彩度が強すぎても不自然になります。基本的には、食材の自然な色をそのまま表現すると、人目を引く魅力的な写真に近づけることができるでしょう。

また、色の相性を考えながら、画の中にどんなものを入れるか考えることも大切。ワントーンに偏らないよう、赤、黄色、緑などを上手く配色するよう意識してください。カラフルならいいというわけではなりませんが、色の多い写真がひと目にとまりやすいのは確かです。

色味については、下の記事で取り上げたmiku_colorsさんが上手なので、ぜひ参考にしてください。

ちょっとひねった構図を考える

ナイフとフォークで切ったチキン

Photo by macaroni

シンプルゆえの魅力というのもありますが、ユニークだと思うものに強く引かれるのが人間です。ですから、構図を決めるときは、画の中にちょっとした変化を加えるよう意識しましょう。

たとえば、メインの被写体を真ん中には配置せず、ちょっとズラして置いてみる。斜めに傾けるのもよいでしょう。画の中に動きを出すためランチョンマットを入れ、しわを寄らせるというのもInstagramではよく見かけるテクニック。また、被写体の一部を切る、つまり画の外へ置く見せ方もおすすめです。

カメラの位置は、料理の真上か、斜め45度がいいでしょう。特に真上、真俯瞰から撮った写真はいかにもインスタグラムらしい作品になりやすいので、ぜひ試してみてください。その際、気をつけてほしいのは、画の中にバランスよく被写体を配置すること。

一部を空けるにしても、全体のバランスを意識する。無駄にスペースが空いているだけの構図にならないよう、気をつけてください。

また、高さのあるものを撮るときは、真横からというのもいいでしょう。どこから撮れば被写体の特徴がよりしっかりと伝わるかを考えれば、カメラの位置や構図は自ずと決まってくるはずです。

下記のリンク記事で取り上げた@shewhoeatsさんは、構図についてかなり卓越しています。その作品を眺めるだけで、参考になるポイントがたくさん見つかるはず。

フード写真の加工の仕方

どうして写真を加工するのかといえば、その魅力を際立たせるためです。撮ったままで十分素敵な写真も、加工することでよりよい写真になる可能性があります。いえ、ほとんどの写真が、加工によって品質を上げることができると考えていいでしょう。

写真編集アプリやパソコンのソフトを使うと本当にいろいろなことができるのですが、まずは基本を覚えましょう。光、色、そして構図。この3つのポイントを調整するだけで、写真のクオリティは見違えるように高まります。

暗い写真を明るくする

演出としてロウキー、つまり暗く撮る場合もあるでしょうが、被写体の魅力というのは十分な光量があってはじめて伝わるものだと思ってください。ですから、撮った写真の被写体が暗く写っているなら、はっきりとディテールが見えるよう明るめに調整してください。
暗めに撮影されたピザ

暗い写真

明るく加工したピザ

明るく調整した写真

わざとハイコントラストに撮ったという場合は、ハイライト(画の中で一番明るい部分)が適正な明るさ(白とびしていない明るさ。以下参照)になっているならほかは暗くてもいいということもあります。画全体を見て、心地よい明るさとなるよういじりましょう。

《写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ》の記事一覧

料理写真で多くのフォロワーを惹きつけているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察している連載企画。今回は、見る人をほっこりさせるような写真が魅力的なcao_lifeさんの作品から、ごはんを素敵…

魅力的なフード写真を投稿しているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察する連載企画。今回は、本職のパティシエ顔負けのスイーツ写真、彩り鮮やかな朝食写真で多くのフォロワーの支持を集めている@na…

フード写真で人気のインスタグラマーをひとり取り上げ、作品の魅力と撮影のポイントを考える連載企画。今回の題材は、秀でたスタイリングテクでさわやかな朝食写真をつくり、うつわの魅力を発信し続けている@necozal…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

uematutoshio

紙媒体のエディターとして、ライターとして、カメラマンとしてそれなり...

ページTOPに戻る