マシュマロクリーム「フラフ」って?ふわとろ食感に日本でもハマる人急増!

アメリカでは定番のマシュマロクリーム「フラフ」(Fluff)ですが、日本でも最近話題沸騰中なんです。ふわとろのマシュマロクリームはパンに塗ってもおいしいし、コーヒーなどの飲み物に入れても◎。どんなものか、またアレンジレシピなどもご紹介。

2018年11月29日 更新

「フラフ」はアメリカではおなじみのマシュマロクリーム!

クリーム状のマシュマロ「フラフ」(Fluff)、英語でふわふわのことを「fluffy」と言いますので、そこから恐らくネーミングは来ているのではないかと思いますが、そのふわとろの食感に日本でもハマる人が急増中!

Plaza(ソニープラザ)でも取り扱いがあるようですが、アマゾンでもありましたのでご紹介しておきますね。

あれこれ手軽に使えちゃいますよ!

このようにフラフをパンに塗ってトーストするのが絶品なんだとか!簡単でおいしいのでおすすめです。朝食にもぴったりですね☆
もちろんサンドイッチの具として入れるのもありだし、クッキーをディップしてもGOOD☆上の写真のようにコーヒーなどの飲み物に入れてもイケるみたい。
ケーキのトッピングにもいいんだとか。ホイップクリームなどと違って日持ちがするので便利なんだそうですよ。それではいくつか海外のレシピからこの「フラフ」をアレンジして使ったものをご紹介しますね。

フルーツフラフサラダ

みかんやパイナップルの缶詰を1缶ずつ用意してシロップはのぞいておきます。マシュマロもとカッテーズチーズを用意しましょう。フラフはカップ2杯分用意します。フラフ以外すべての材料をやさしく混ぜ合わせて、冷やしておいたフラフを最後に追加して、なじむまで混ぜ続ければ出来上がり!

フラフの量はお好みで増減してくださいね。あっという間に完成します。

こちらの記事を参照しました。(海外サイト)

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう