覚えておこう!リンパの流れに効果的な食べ物って?

「リンパ」の言葉はよく耳にしますが、具体的にはどんなものなのでしょう?私たちの体には大事な役目を果たしてくれていて、流れを良くすればむくみも解消されダイエットにも効果が期待できます。では一体どんな食事を摂取すれば良いのでしょうか。

そもそも「リンパ」とは?

人間を含めて脊椎動物には全身網目のように張り巡らされているネットワークのようなものがあります。これが「リンパ管」であり、その中を流れているのが「リンパ液」。

リンパの働きはふたつあって、体の中の老廃物を回収するという機能があります。老廃物は大体静脈に取り込まれるのですが、そこに入りきらないときはリンパ液となるそうです。

またリンパは、リンパ筋というフィルターにて、細菌や有害物質などを除去する作用にて、風邪やそのほかの病気を退治する役割を担っています。
つまり私たちの体にとって重要な役目を果たしてくれているのがリンパというわけですね。ではリンパ(液)の流れを良くする食べ物や飲み物とはどんなものなんでしょうか?

1、水分を良く飲むことが大事!

お茶やそのほかの飲み物ではなく「水」を摂取することがまず大事。起きて水を500cc飲むのがいいと言われています。1日最低でも1リットルは飲むようにしましょう。冷え性の人は「白湯」でもOKです。

2、豆類(大豆製品)

タンパク質、マグネシウムが豊富に含まれている豆類を食べることがいいです。豆腐や豆乳、味噌や納豆ですね。味噌汁、白いご飯に納豆という和食の基本がおすすめです。

3、海藻類

わかめ、ひじきなどの海藻類。カルシウムが豊富で、体内に入ったダイオキシンの排泄を促してくれます。簡単に調理できるので、普段から取り入れたいですね。

4、野菜全般

ベータカロチンやビタミンCが豊富なので、抗酸化力も高まり、リンパの流れを良くする効果も期待できます。特にブロッコリー・かぼちゃ・にんじんなど緑黄色野菜を食べることを心がげましょう。

5、魚介類

特に青魚(さば・イワシ・さんまなど)やサケを食べるといいでしょう。人間の体に必要な必須脂肪酸が青魚・サケには多く含まれています。この必須脂肪酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)は油といってもサラサラしていて、生活習慣病の予防などにも有効なようです。

では逆に食べると良くないものとは?

アルコール類・カフェインの多い飲み物

特集

SPECIAL CONTENTS