お弁当を華やかに!のっけ弁当の詰め方&レシピアイデア10選

今回は、パパッと簡単にできて見栄え良く仕上がる「のっけ弁当」についてご紹介!詰めるときのポイントや、お肉のメイン・魚のメインに分けたレシピアイデアまでまとめてみました。15分でできるレシピもあるので、参考にしてみてくださいね。

2018年4月25日 更新

簡単かわいい「のっけ弁当」とは

「のっけ弁当」は名前のとおり、ご飯の上にさまざまなおかずを"のっけた"お弁当のことです。お弁当箱にご飯を詰めておかずをのせるだけなので、作るのはとっても簡単!使うのは仕切りつきのお弁当箱ではないので、洗い物が楽なのも嬉しいポイント。

のっけ弁当の詰め方のコツ5つ

1. 水分が多いものは避ける

これは通常のお弁当作りにも当てはまることですが、水分が多い食材やおかずはしっかりと水気・汁気を切って入れるのがベター。とくにのっけ弁当はご飯を敷くので、上にのせるものに水分が多いと、ご飯がベチャッとしてしまいます。

2. 大きいおかずを真ん中にのせる

きれいに盛り付けをするためにまず意識したいのが、おかずを詰める場所。ハンバーグや唐揚げ、焼き魚などのメイン料理をドン!と真ん中におくことで、全体のバランスを取りやすくなります。

3. ご飯はすべて隠れるように

これは絶対条件ではありませんが、下のご飯が隠れるくらいにしっかりとおかずを敷き詰めると、より豪華でおいしそうに仕上がります。真ん中に置いたメイン料理を基準に、隙間を埋めるような感覚でおかずを詰めていきましょう。

4. 彩りを工夫する

見栄えのするお弁当は、食材の色合いを大事にしていることが多いです。メインおかずを中心に、卵の黄色や野菜の赤や緑、煮物の茶色など、さまざまな色を意識することで彩り豊かなお弁当に仕上がりますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

charlotte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう