テレビで紹介された裏技!コーヒーゼリーでハンバーグのジューシーさがUP

ジューシーさがおいしさの決め手、ハンバーグ。テレビで紹介されたコーヒーゼリーを使う裏技レシピで、簡単にジューシーハンバーグが再現できるんですよ。何度作っても固くなっちゃう悩みを解決!ご家庭で手軽にレストランのようなハンバーグを作ってみない?

2019年12月18日 更新

ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

コーヒーゼリーでハンバーグをおいしく

ハンバーグはひき肉、玉ねぎ、つなぎを入れてこねて焼くだけ♡ 誰でもできるシンプルレシピ♪ しかしなぜかお店のようなジューシーさが出ない… ハンバーグづくりの悩みは ・割れる ・表面は焦げるのに中は生焼け… ・硬くなる などです。

ゼラチンパワーでジューシーに!

「なるほど!レストラン」で紹介されたのがハンバーグを焼く前にくぼみにコーヒーゼリーを入れること! 味は確かにハンバーグと違和感なさそうだけどどうしてそれがジューシーになるのか…疑問に思いますよね。 ゼラチンには保湿作用があります。 ハンバーグを焼くときに溶けだしたコーヒーゼリーのゼラチンは保湿作用でお肉から流れ出ようとする肉汁をハンバーグの中にとどめてくれます。

コーヒーゼリーの苦みがうまみに!

ハンバーグに使うコーヒーゼリーは市販のものですが、これは甘くて少し苦みがありますよね。でも実は、ハンバーグに溶け込むと苦みはコクにつながり、甘味はまろやかさとしておいしさを増してくれるというのです。

コーヒーゼリー入りハンバーグレシピ♡

ハンバーグを柔らかくジューシーに作るコツはいくつかテレビなどで紹介されています。 グルテンの粘りでジューシーに仕上げるのもその一つ、そして今回紹介したコーヒーゼリーを使って肉汁を逃がさないこともとってもおいしく仕上げる方法。 そのさまざまなコツを集大成したレシピです!

レストランみたい!と言わせよう

ハンバーグを切ったときにジュワ~ンと肉汁油が溶け出すと思わず感動♡ せっかく閉じ込めた肉汁ジューシーハンバーグは、あったかアツアツのうちに出しましょう♪ 「レストランみたい!」一度は言わせたいですよね!! 是非、コーヒーゼリーを試してみてはいかが?☆

特集

FEATURE CONTENTS