もうすぐ土用の丑の日!『鰻もどき』のレシピ「7」選 - 本当に鰻みたい♡

今年は7月24日と8月5日が土用の丑の日です。「うなぎ食べたいけどちょっと高いし...」と戸惑っている方、長芋や豆腐など使った「うなぎもどき」のレシピでうなぎを食べたような満足感を味わいませんか?おすすめのレシピを紹介しますね。

1、土用の丑の日前に!レンジで簡単♪うなぎもどき

高野豆腐とサバの缶詰を使って「うなぎの蒲焼きもどき」レンジでできちゃうので火を使わずに暑い日にもありがたい。山椒はお好みでふりかけてくださいね。

2、100円(2人分)でうなぎの蒲焼き食べない?

裏ごしした木綿豆腐と長芋を使って作る「うなぎもどき」いい色で照りがついてますよね。素晴らしいです!味付け海苔を使うのもポイント!

3、土用の丑にうなぎもどきdeなんちゃって蒲焼き

木綿豆腐は重りをのせて冷蔵庫で一晩置いてください。はんぺんやごぼうも使ってふっくら仕上がる「うなぎもどき」ベジタリアンの方用の材料の提案もしてくださっています。

4、ひつまぶしもどき♪鶏肉で

鶏肉は余計な脂分と筋をとって下味をつけます。皮目からパリッと焼きましょう。TBSの「いっぷく」でも紹介されたレシピだそうです。

5、うなぎの蒲焼きもどき

ちくわを広げてうなぎのような形状にします。テレビで魚のすり身を使ってうなぎの蒲焼きもどきを作っているのにアイデアを得て考案されたそうです。

6、土用丑の日に☆うなぎの蒲焼きのタレで茄子の挟み揚げ丼

うなぎが苦手な方にもおすすめで、茄子に蒲焼きのタレをつけちゃいましょう。カリカリの揚げ茄子にタレがよく合いますよ♪

7、土用の丑の日は「精進蒲焼き」は如何?

「偽蒲焼き」といって精進料理の代表格のお料理なんですって。豆腐や山芋で代用します。脂っこいものが苦手になってきた...という方にもおすすめのレシピですね。山芋は胃腸を強くし滋養強壮にも役立つ野菜なのだそうですよ。タレは数日寝かせるとまろやかになります。
うなぎは苦手だけど土用の丑の日だし、食べた気分になりたいという方、節約レシピで蒲焼きを味わいたいという方、是非いかがでしょうか?参考になさってくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう