ローディング中

Loading...

サクサクッとしてバターの風味も豊かなクロワッサン。好きな方も多いと思います。クロワッサンを手作りするときのコツにはどんなものがあるんでしょうか?そのポイントをご紹介したいと思います。あなたもおうちでクロワッサンを作ってみませんか?

「クロワッサン」名前の由来は...

フランス語で「クロワッサン」(Croissant)は三日月の意味。だからあの形なんだ!っていうのは有名な話かもしれないのですが、もともとはトルコ国旗の三日月から来ているそうなんですね。

1686年にトルコ軍はオーストリアのある町を奇襲攻撃しようとしていたそうなんですが、早起きのパン屋さんが気づいて味方にその情報を報告したところ、作戦は失敗。オーストリアの勝利となりました。
そこにヒントを得たウィーンのあるパン屋さんが、トルコ国旗にあった三日月をイメージしてパンを作り「トルコを食う」と銘打ったら評判になったんだとか。オーストリアの王女であったマリー・アントワネットが母国のパン職人もフランスにお嫁入りの際に連れて行ってフランスでも流行するようになったんだそうですよ。

まぁ諸説あるようですが、フランスが発祥のパンではなかったんですね~。ということでへぇへぇボタンを押しながら(笑)作り方を次からご紹介します。

1、生地に折り込む用のバターを用意します

折り込み用のバター120gを1センチの厚さに切ってラップでつつんで、めん棒などで叩いて柔らかくしましょう。バターは発酵バターを使うほうがよりバターの風味が出ておいしいという意見が多数見られました。ラップの上からめん棒で1辺あたり15センチ程の正方形にのばし、冷蔵庫に入れておきます。

2、生地を作る・発酵させる

ボウルに材料を全て入れて手で混ぜ、粉っぽさがなくなったらバターも入れて混ぜます。生地がまとまったらペストリーボードの上で2分ぐらい軽くこねましょう。再びボウルに生地を戻して、ラップをかけ25度ぐらいの温度で20分間発酵させます。

バットに生地をうつして、上から手でプッシュしてガス抜きをし、1辺15センチほどの正方形にします。生地にぴったりとラップをして冷蔵庫で一晩休ませます。(時間は8~16時間)

3、バターを折り込みます&ベンチタイム

打ち粉をふったペストリーボードの上に生地を取り出し、めん棒で一辺22センチの正方形にのばします。シート状のバター(直前に冷蔵庫から取り出して少し曲がるぐらいにしておく)を生地の対角線に対し垂直に乗せてください。まわりの生地をセンターに向かって折りたたみ、つなぎ目をしっかりと接着します。

めん棒で上から軽く押さえて生地とバターをなじませて、バターが溶け出さないように手早く20センチ×45センチ縦長の長方形にのばし、向こう側と手前から折って三つ折りに。ラップに包んでバットに入れ、冷蔵庫で30~40分休ませます。室温が高く、生地が柔らかくなりすぎた場合は最初の10分冷凍庫に入れてください。
文章だけではわかりづらいかと思いますので、動画を参考になさってくださいね。生地をのばす部分はプロのパン屋さんなので機械を使っておられますが...
打ち粉をふったペストリーボードの上に生地を取り出し、90度向きを変えて20×45センチにのばして三つ折りにし、冷蔵庫で30~40分休ませます(2回目)。同じようにもう一度三つ折りにし、冷蔵庫で30~40分休ませましょう(3回目)

4、いよいよ成形です

20×55センチの長方形にのばしましょう。ピザカッター(またはナイフ)で長い方の辺5ミリくらいを切り落とします。断面の層をきれいに見せるようにです。長い辺の端から11センチごとに印をつけて、反対側は端から5.5センチの位置にひとつ印をつけ、そこから11センチごとに印をつけます。

印と印をつなぎ二等辺三角形を作り、ピザカッターなどで切り離します。 途中で生地が柔らかくなりすぎた場合には、冷蔵庫で休ませつつ作業してください。
生地の切り分けの部分から見たい方は1分27秒後までスクロールしてご覧になって下さいね。

5、くるくる巻きましょう&オーブンで焼きます

手前に向かって細くなるように生地を置いて軽く引っ張り、くるくると巻いていきます。巻き終えたら180度むきを変えて巻き終わりが手前に来るようにし、両端を少しカーブさせて三日月形にしましょう。(これはお好みでいいかと思いますが)

28度の場所で60分間発酵させます。これ以上の温度ではバターが溶け出すので注意が必要です。表面に刷毛で薄く卵を塗り、210度に予熱してあるオーブンで15分焼きます。途中で焼き色を見て温度を落とすようにしてください。
クックパッドでも詳しく行程を書いてくださっている方がおられますので、見に行ってみてくださいね。
ということで、クロワッサン手間ひまかけて作るからあの味わいなんですね!ご家庭でつくるのはなかなか難しいというお話も聞きましたが、その分トライして完成したときの喜びも大きいかと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピ…

ハロウィン レシピ スイーツ まとめ

かぼちゃが旬を迎える秋、かわいい黄色いかぼちゃクッキーがおすすめです。今回はサクサクほろほろ食感にする作り方を実践でご紹介!ホットケーキミックスを使った簡単レシピやハロウィンにも使えるかわいいアレンジテクなど…

スイーツ カフェ まとめ

秋といったら栗スイーツ!モンブランやマロンクリームなど、ほっこり甘い味わいが魅力的ですよね♩今回はパブロやジョエルロブションなど、有名なブランドの商品を7つ集めてみました♩詳しくご紹介するので、ぜひチェックし…

レシピ パスタ まとめ

日頃、缶詰売り場で普通に見かけるカニ缶。今回はカニ缶を使った様々なレシピをご紹介します。定番のサラダやチャーハン、スープ、卵焼き、パスタまで、カニ缶を使うことでちょっと贅沢な雰囲気になるレシピが満載です。よか…

まとめ

海外からの輸入食品やたっぷり大容量のフードがたくさん取り揃えられている「コストコ」。家族連れはもちろん、おしゃれ食材を買いたい方の間でも人気ですよね!今回は秋に買いたい商品をご紹介します。2017年の新商品も…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ マヨネーズ

味つきで油を引く手間も省ける「マヨネーズ」手軽においしく作ることのできる「マヨ炒め」のすぐれものレシピを今回はご紹介していきます♪野菜炒めは好きだけどワンパターンになりがち...なんてときに試してみてはいかが?

レシピ クッキー ココナッツオイル スコーン まとめ

スーパーのビニール袋、市販のポリ袋、チャック付き袋、なんでもOK!材料を入れてこねて形を作って焼くだけだから、キッチンも手もたくさん汚しません。 手軽に簡単に美味しく、アレンジもしやすいクッキー作りをどうぞ♪

レシピ まとめ スープ

スープジャーとは、本来スープやシチューを保温して持ち歩けるというグッズなのですが、これに材料を入れるだけで調理もしてくれる♪ということで最近話題なんだそうです。そんな夢のようなグッズがあったのか!ということで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る