ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

スコーン

ティータイムの定番といえばスコーンですね。
イギリスとアメリカで食べられているスコーンは多少違いがあり、アメリカ版スコーンは砂糖が多く、チョコレートやドライフルーツ等が焼き込まれているものが主流で、イギリス版は砂糖が少なめで、プレーンのものにクロテッドクリームをつけて食べるのが主流のようです。 今回はスコーンに色々なものを焼き込んで作るアメリカ版のスコーンのアイデアを主にご紹介したいと思います。

ブルーベリースコーン

ボールに小麦粉、砂糖、シナモン、塩、ベーキングパウダーを入れ混ぜます。凍ったバターを擦りおろして加え、手でボロボロの状態になるように混ぜます。 別のボールに生クリーム、卵、バニラを入れて混ぜ、小麦粉のボールに注ぎ、全体が湿る程度に混ぜブルーベリーを入れます。 天板に乗せ、形を整えナイフで切り分け、200℃のオーブンで焼きます。

メープルナッツスコーン

スコーンの生地にメープルエクストラクトを入れて焼きます。粉砂糖、生クリーム、メープルシロップ、バニラエッセンスをボールに入れ、滑らかになるまで混ぜます。スコーンが冷めたら、上からこのクリームをスプーンでかけ、刻んだピーナッツをふりかけます。5分程置いてから食べます。

スモアスコーン

小麦粉、グラハムクラッカーの粉、砂糖、ベーキングパウダー、重曹、塩を混ぜます。 バターを細かく切り、ボロボロになるように小麦粉類と混ぜ合わせます。 ヨーグルト、卵、バニラ、牛乳を加え、適量のチョコレートの小さな塊とマシュマロを入れます。形を整え、均等に切り分け、175℃のオーブンで焼きます。 マシュマロとチョコレートを溶かしたものを冷めたスコーンにかけます。

イチゴのスコーン

スコーンの生地に粗く刻んだ生のイチゴを入れ、軽く混ぜてから焼きます。ボールにレモン汁と粉砂糖を入れよく混ぜ、温かいスコーンに回しかけ、温かいうちに食べます。

チョコレートスコーン

スコーンの生地の小麦粉にココアパウダーを混ぜ、バターと小麦粉類を合わせた後にチョコレートを小さく切ったものを生地に混ぜ焼きます。粉砂糖とバニラ、水をよく混ぜたものに焼き上がったスコーンを浸け、ラックの上に並べます。数分でグレーズが固まります。チョコレートを溶かしたものをスコーンに回しかけ、すぐに食べます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS