【妊婦編】貧血対策に摂りたい食べ物

大豆食品

食べるものに気を使う妊娠中の貧血対策におすすめの食べ物が、大豆食品です。ゆで大豆や蒸し大豆といったそのままの大豆はもちろん、味噌や納豆、豆腐といった大豆の加工食品にも鉄分が多く含まれていますよ。

ただし、大豆加工の調味料には塩分が多く含まれているため、過剰摂取にならないように気をつけてくださいね。

フルーツ

植物性食品である大豆に含まれているのは、吸収率が比較的低い非ヘム鉄。効率よく摂取するためには、ビタミンCが豊富な食材を組み合わせることが大切です。そこで、レモンやオレンジといった柑橘類のほか、キウイ、いちごなどをデザートに食べるのがおすすめ。

さっぱりとした味わいのフルーツは、つわりのときにも食べやすいのがうれしいポイントですね。食べ過ぎにならないよう、量を調整しながら摂取しましょう。(※2)

【レシピ編】貧血対策に摂りたい食事

レバニラ炒め

Photo by macaroni

鉄分補給の定番、豚レバーをふんだんに使ったレバニラ炒めのレシピです。レバーの臭みを消すためにも、下処理はしっかりとおこないましょう。オイスターソースや醤油を使ったすこししょっぱめの味付けは、ご飯がどんどん進みますよ!

ふわふわ卵の納豆チャーハン

Photo by macaroni

大豆食品である納豆を使った、チャーハンのレシピです。こちらでは卵が使われていますが、実は卵黄にも鉄分が豊富に含まれています。納豆と卵をあらかじめ泡立てるようにして混ぜ合わせておくと、ふんわりとした仕上がりになりますよ。

ひと口油揚げグラタン

Photo by macaroni

大豆食品である油揚げ、そしてほうれん草を使ったひと口グラタンのレシピです。油揚げが器の役割を果たしているので、そのまま丸ごと食べられるのがいいですね!お子様も喜んで食べてくれることでしょう。

日々の食生活から改善していこう

魚介類や肉類、野菜など、鉄分が豊富な食べ物はさまざま。日々の食事に、バランスよく摂り入れられそうですね。効率よく鉄分を摂る方法を実践し、貧血対策に役立てましょう。とくに月経のある女性や、妊娠中・授乳中の方は、積極的に鉄分を摂るよう意識しましょう。
【参考文献】
(2020/04/14参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS