ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

ソーダブレッドとは

ソーダブレッドはクイックブレッドの一種で、イースト菌の代わりに重曹やベーキングパウダーを使って膨らませるパンです。通常のパンのような発酵を必要とせず、材料も少ないので、思いついたときにササッと作れます。作り方はとても簡単。


1. 
材料をすべて混ぜる
2. 形を整えてオーブンで焼く

以上の2ステップだけ!パン作りはハードルが高いかも、と考えている方でも気軽に挑戦できますよ。

作ってみたくなる♪ ソーダブレッドレシピ10選

1. ほんのり甘い。黒糖のソーダブレッド

全粒粉で作る黒糖のソーダブレッド。全粒粉は歯ごたえがあり、表皮と胚芽の香ばしい風味が感じられますよ。甘味付けには黒糖を使います。ほんのりとした甘味で、やさしい味わいです。シンプルなパンなので、トーストしてからジャムを塗っていただくのがおすすめ。

2. 米粉で作る。パンプキンソーダブレッド

かぼちゃの黄色が食卓をパッと明るくするソーダブレッドです。卵と小麦を使用せず、米粉で作ります。外はカリカリで、中はふっくら。かぼちゃはフォークでつぶしてバターと加えます。ふわっと甘味が感じられ、バターの香りが食欲をそそりますよ。トーストして、バターやチーズをのせていただくとグッド。

3. ライ麦入り!ココア風味のソーダブレッド

ライ麦粉を使用する、少し珍しいソーダブレッド。ココアを混ぜることで、生地の質感がしっとりします。ココアの風味が漂い、上品な味わいです。表面にはライ麦をトッピングして、見栄えよく仕上げます。そのまま食べるのはもちろん、甘いドリンクと一緒にいただくのもいいですね。

4. チーズがコクうま。バナナのソーダブレッド

「こねる」のではなく「混ぜる」ソーダブレッドだからできるレシピ。バナナはすり潰さず、輪切りにして形を崩さないように混ぜます。バナナの存在が出て、食べ応えを感じられますよ。バナナの香りがふんわりとしてクリームチーズとよく合います。朝食にはもちろん、おやつにもぴったりなソーダブレッドです。

5. サワークリームで。オートミールのソーダブレッド

ソーダブレッドには牛乳やヨーグルトを使うことが多いですが、サワークリームを使うのもおすすめです。爽やかな仕上がりで、食べやすいパンができあがります。ミニソーダブレッドを作るときには、厚みがないので焼き過ぎにご注意を。小さいからそのまま食卓へ出せて、あつあつなままいただけますね♪

編集部のおすすめ