まるでお肉!豆腐の冷凍保存&ナゲットや唐揚げなどアレンジレシピ7選

豆腐の冷凍方法から、冷凍豆腐のおすすめレシピをご紹介します。そのまま食べるのとは違った食感を味わえて、食感がまるでお肉のように変化するんです。普段作るお肉メニューを豆腐に変えるだけでダイエットにもなりますよ。おいしくヘルシー料理に早変わり!

豆腐を冷凍すると……

通常買ってきた豆腐は、そのまま冷奴にして食べたり、炒めたり煮込んだりと加熱調理して使いますが、冷凍してから調理に使えるのをご存知ですか?

「冷凍豆腐」を使って、お子さんの大好きなナゲットやハンバーグ、そぼろや唐揚げがおいしく作れるんです。味が染み込みやすくなり、煮込み料理にも相性ばつぐん。

お肉を使う料理も冷凍した豆腐を使えば、食材費を減らせますし、よりヘルシーに食べられます。お肉のような食感でおいしく、新たな味わいに出会えますよ。

豆腐の冷凍保存法

パックごと冷凍

作り方はとっても簡単!買ってきた豆腐をパックの状態で、そのまま冷凍庫に入れるだけ。5時間ほど凍らせれば完成です。パックに入っている水は抜かなくて大丈夫なの?と思う方もいると思いますが、そのままで大丈夫なんです!

また、木綿と絹ごしのどちらでも作れますが、できあがりの食感が少し異なってきます。木綿だと高野豆腐のようになり、絹ごしだと湯葉のようになりますよ。

余った豆腐を冷凍してもOK

調理に余ってしまった豆腐を冷凍するのも、もちろん可能です。その場合は、キッチンペーパーなどで表面の水気を拭き取り、あらかじめ食べやすい大きさにカットして保存袋へ入れて冷凍しましょう。

そぼろのようにして使う場合は、最初から細かく刻んでおくと、調理の時に楽ですよ。

解凍方法

凍ったままでも使えますが、塊りの状態で使う場合は、解凍してから料理に使うと火の通りがまんべんなく入り、おいしく仕上がります。

自然解凍

パックから豆腐を取り出したら、室温で戻します。水分が出るため、キッチンペーパーに包んで、網をしいたバットの上なので解凍しましょう。

熱湯に浸す

自然解凍だと少し時間がかかるため、お鍋で一度お湯をわかしたら火をとめ、そこへパックごと熱湯に5分〜10分程度浸しておくのも良いでしょう。ある程度戻ってきたら取り出し、しっかり解凍できているか確認しながら、残りは自然解凍で戻します。

では、作り方と解凍方法をおさえたところで、さっそく活用レシピをご紹介。

冷凍豆腐を使った人気レシピ7選

1. 冷凍豆腐でヘルシーナゲット♪

冷凍豆腐を解凍します。解凍した豆腐の水分を絞り、細かくほぐします。ほぐした豆腐と溶き卵、鶏がらスープの素、片栗粉を加え、混ぜ合わせます。

混ぜ合わせた豆腐を小判形にして、フライパンで揚げれば完成です。

2. 冷凍豆腐の和風ハンバーグ

豆腐を解凍し、水分を絞り、余った煮物を混ぜます。たまごとパン粉を入れさらに混ぜ、塩コショウで味付けをします。

フライパンで片面を焼き、焼けたら裏返して水を入れて蓋をし、蒸し焼きにします。火が通れば完成です。

3. 角煮のよう!? 冷凍豆腐で作る煮物

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう