ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

豆腐を冷凍すると……

通常買ってきた豆腐は、そのまま冷奴で食べたり、炒める・煮るなどの加熱調理をしたりしますが、冷凍してから調理に使えるのをご存知ですか?

お肉を使う料理の代わりに「冷凍豆腐」を使って、お子さんの大好きなナゲットやハンバーグ、そぼろや唐揚げがおいしく作れるんです。味が染み込みやすくなり、煮込み料理にも相性抜群。新たな味わいに出会えますよ。

木綿と絹ごしのどちらでも作れますが、できあがりの食感が少し異なります。木綿だと高野豆腐のようになり、絹ごしだと湯葉のようになりますよ。

豆腐の冷凍保存法

ラップに包んで冷凍

豆腐を冷凍する方法のひとつが、ラップを使うことです。豆腐を使いやすい大きさにカットし、2〜3切れごとラップに包むだけ。大きく使いたい場合は、まるごと一丁分を包んでも構いません。ラップに包んだものをバットにのせて冷凍します。バットにのせることで、型崩れせず早く冷凍できますよ。冷凍が完了したら、チャック付きの袋に入れて保管します。

パックごと冷凍

お手軽に、パックごと冷凍することも可能です。買ってきた豆腐をパックの状態で、そのまま冷凍庫に入れるだけ。5時間ほど凍らせれば完成です。パックに入っている水は抜かなくて大丈夫なの?と思う方もいると思いますが、そのままで大丈夫です。

余った豆腐を冷凍してもOK

調理で余ってしまった豆腐を冷凍するのも、もちろん可能です。その場合は、キッチンペーパーで表面の水気を拭き取り、あらかじめ食べやすい大きさにカットして保存袋へ入れて冷凍しましょう。

そぼろのようにして使う場合は、最初から細かく刻んでおくと、調理のときに楽ですよ。

解凍方法

凍ったままでも使えますが、解凍してから料理に使うと火の通りがよくなり、おいしく仕上がります。

編集部のおすすめ