ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

「高い牛乳」「安い牛乳」があるのはなぜ?理由をチェック

スーパーやコンビニに行くと、同じ牛乳でも商品によって値段に差があることがわかります。はたして、牛乳の値段はどんな要因で差が出るのでしょうか。

この記事では、高い牛乳と安い牛乳の違いを解説。くわえて、牛乳の種類と値段の関係や、地域による価格の違いについても見ていきます。おいしい牛乳の選び方も紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

高い牛乳と安い牛乳の違い

高い牛乳と安い牛乳があるのはなぜか。どうして価格に差が出るのか。その主な要因として挙げられるのは「乳脂肪分」の差です。

高いといわれる牛乳は乳脂肪分が高く、安いといわれる牛乳は乳脂肪分が低い傾向があります。乳脂肪分とは、牛乳にコクを出す要素のこと。

乳脂肪分が低い牛乳は「低脂肪乳」といわれ、生乳から乳脂肪分の一部を取り除いています。

低脂肪乳が安い理由

生乳から取り除かれた乳脂肪分からはバターや生クリームの原料が取れ、利益を生み出すことができます。つまり、低脂肪牛乳にすると、1Lの生乳から低脂肪牛乳と加工品の原料、ふたつが取れるということ。

また、同じ重量で比べると、生乳よりも乳脂肪分のほうが高価に取り引きされます。そういったことを事情があることから、低脂肪乳は安く販売できるんですよ。

牛乳の種類と価格。高いのはどれ?

原材料・成分の割合に着目すると、牛乳は6種類に大別できます。具体的には、「成分無調整牛乳」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」の6つ。ここではそれぞれの特徴と、価格が高めなのはどの種類かについて解説します。

それぞれの特徴

牛乳の種類特徴
成分調整無調整牛乳(牛乳)生乳を殺菌後、そのままパッキングしたもの。乳脂肪分が3.0%以上含まれているもの
成分調整牛乳生乳から乳成分(脂肪やミネラル、水分など)の一部を取り除いてパッキングしたもの
低脂肪牛乳成分調整牛乳のなかでも、脂肪分を取り除いて0.5~1.5%にしたもの
無脂肪牛乳成分調整牛乳のなかでも、脂肪分を取り除いて0.5%未満にしたもの
加工乳生乳に乳製品(脱脂粉乳やバターなど)を加えて、成分を調整したもの
乳飲料生乳・乳製品を主原料とし、乳製品以外の材料(果汁やコーヒー、栄養素など)を加えたもの
搾りたての生乳に一番近いのが「成分無調整牛乳」。乳脂肪分が高く、コクや甘味を感じられるのが特徴です。パッケージには単に「牛乳」と記載されていることも。

低脂肪牛乳・無脂肪牛乳(成分調整牛乳)は脂肪分を取り除いている分、あっさりとした風味の商品が多いですね。

加工乳はクリームやバターなどを加えたもので、「特濃」や「濃厚」といった文字がパッケージに記載されていることが多いです。乳飲料はコーヒー牛乳やいちごミルクのほか、カルシウムなど栄養素を多く配合した商品のことを指します。

高い牛乳の種類

「成分無調整牛乳(牛乳)」のなかでは、乳脂肪分が高いものほど価格も割高になる傾向があります。逆に低脂肪牛乳・無脂肪牛乳は乳脂肪分が少ないため、比較的安価に購入できますよ。

ただし、上記はあくまで傾向であって、商品・メーカーによって価格設定の仕方は異なります。同じ種類でも、商品によってかなり価格に開きが出ることがあるので、あくまで目安として考えてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ