ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

赤紫蘇の代わりに!大葉で作る「青じそジュース」レシピ

Photo by akiharahetta

夏の手作りドリンクとして定番化している、赤紫蘇ジュース。甘酸っぱくて爽やかな味わいは、暑い日に最適ですよね。「作ってみたい!」と思っている人も多いのでは?

しかし、赤紫蘇は大きな束で販売していることが多く、茎付きで下ごしらえも面倒。もっと手軽に作りたいということで、大葉で代用して青じそジュースを作ってみることにしました。

材料(2杯分)

Photo by akiharahetta

調理時間:15分
・大葉……20枚
・グラニュー糖……35g
・りんご酢……50cc
・水……500cc

作り方

1. 大葉を煮出す

Photo by akiharahetta

大葉はよく水洗いし、ザルにあけて水気を切っておきます。分量の水500ccを火にかけ沸騰させ、湯が沸いたら大葉を入れ、弱火で5分煮出します。

小鍋で充分事足りるので、気軽にトライ♪

2. グラニュー糖を加える

Photo by akiharahetta

5分経過し、湯が淡いグリーンに色づいたら火を止めます。緑茶よりも少し薄い緑色を目安にするといいでしょう。火を止めたら、グラニュー糖を加え、よくかき混ぜて溶かします。

大葉の色を生かすため、今回はグラニュー糖にしましたが、多少色が濃くなっても構わない方は、お好みできび糖や、はちみつにしてもOKです。

3. ざるにあける

Photo by akiharahetta

グラニュー糖が溶けきったらざるにあけ、下にボウルを置いて、大葉と液体に分けてください。火傷に注意しながら、大葉をギュッと押して、含まれている水分を出し切ってしまいましょう。

素手だと熱すぎる場合は、スプーンやヘラなどを使ってくださいね。残った大葉は、ふりかけやほかの料理に再利用できるので、捨てないで。

4. 酢を加える

Photo by akiharahetta

大葉を取り出したら、粗熱が取れるまで冷まします。時間を短縮したい場合は、ひとまわり大きなボウルに氷水をはって、その中で冷やすといいですよ。

粗熱が取れ、あるていど落ち着いた温度になったら、りんご酢を加えかき混ぜます。高温のままりんご酢を加えると、酸味が飛んでしまうので、注意してくださいね。
Photos:9枚
テーブルコーディネート
材料がテーブルに置かれている様子
複数枚の大葉が入っている様子
奥に大葉と湯の入った鍋、手前にグラニュー糖の入ったガラスボウルが見えているところ
ボウルに大葉が入っている
薄黄色い液体がボウルに入っており、そこへ酢を加えようとしているところ
茶こしで液体を漉し、グラスに注いでいる様子
氷の入ったグラス
青じそジュースの入ったグラス
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ