ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

上手に作るコツを伝授!「大葉のくるくる豚バラ巻」レシピ

Photo by akiharahetta

居酒屋や串焼き店で見かける大葉の豚バラ巻き。自宅で食べたいと思った人もいるのではないでしょうか。それならば!おうちで作れる詳しいレシピと、上手に作るコツをお伝えします。

お店では串に刺して炭焼きで提供されますが、本記事はより手軽な串なしバージョン。焼きに使用するのはフライパンです。しかも材料はたったの2つ!思い立ったらすぐに作れますよ。

材料(3~4人前)

Photo by akiharahetta

調理時間:20分
・豚バラスライス肉(しゃぶしゃぶ用)……300g
・大葉……12枚
・片栗粉……小さじ2杯
・塩こしょう……適量

作り方

1. 大葉を洗う

Photo by akiharahetta

大葉の下ごしらえから始めましょう。水を張ったボウルに大葉を入れ、よく水洗いしてください。洗い終えたら水を切り、さらにキッチンペーパーで余分な水分をふき取ります。

同時に、茎の硬い部分をカットしておくと、このあとの巻く作業がスムーズになりますので、包丁で切り落とすか、手でちぎって取り除いてください。

2. 豚バラ肉に片栗粉を振る

Photo by akiharahetta

まな板を縦方向に置き、大葉のサイズに合わせた幅で、豚バラスライス肉を広げます。5~6枚を重ねるとちょうどいいでしょう。

広げたら軽く塩こしょうし、茶こしを使って片栗粉を薄く振ってください。

3. 豚バラ肉で大葉を巻く

Photo by akiharahetta

片栗粉を振ったら、肉の上に大葉を4枚並べます。手前は肉の端に合わせ、奥の巻き終わり部分は、3~4cm余白を残すようにしてください。

大葉を配置したら、手前から巻いていきます。隙間が多いとはがれやすくなるため、なるべく隙間ができないようきっちり巻き、巻き終わりを下にして置きましょう。これを3本作ります。

4. ひと口大にカットする

Photo by akiharahetta

巻いた肉を0.7~0.8cm幅にカットしていきます。断面にきれいな渦巻模様が現れたら大成功!

やわらかくて、切りにくい場合は、冷蔵庫で冷やすといいですよ。
Photos:12枚
白い皿に盛られた渦巻模様の大葉の豚バラ巻
白いバッドに入った豚バラスライス肉と大葉、調味料が木のテーブルの上に並んだ様子
水を張った白いボウルに入った大葉数枚と、キッチンペーパーの上に置かれた3枚の大葉
まな板の上に数枚の豚バラスライス肉がのっており、茶こしに入った片栗粉を振りかけているところ
数枚重ねた豚バラスライス肉に大葉がのっており、手前側を巻いている様子
大葉を豚バラスライス肉で巻いたものを輪切りにし、渦巻模様が見えている様子
輪切りにした大葉の豚バラ巻数個と使い捨て手袋をした手
フライパンに入った大葉の豚バラ巻
白いオーバルプレート皿に盛った大葉の豚バラ巻を箸で持ち上げている様子
ベージュの小皿に盛られた厚揚げと大葉の豚バラ巻
大葉を挟んだ厚揚げが2個並んでいる様子
豚バラスライス肉の上に大葉が4枚のっているところ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ