ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

ベストな切り方も伝授!便利な作り置き「薬味ミックス」のレシピ

Photo by akiharahetta

料理好きの間ではよく知られる「薬味ミックス」。とくに夏の料理に欠かせない薬味で、簡単に作れる作り置きです。

冷奴やそうめんのほか、TKGや冷しゃぶの具材にしたりと、活用法はさまざま。香味野菜好きにとっては見逃せないひと品ですね。

材料

Photo by akiharahetta

調理時間:15分
・九条ねぎ(または青ねぎ)……2本(青ねぎ4~5本)
・みょうが……3個
・かいわれ大根(またはスプラウト野菜)……1パック
・しょうが……1かけ
・大葉……10枚

作り方

1. ねぎを刻む

Photo by akiharahetta

下ごしらえとして、すべての野菜は水でよく洗い、水気を切っておきましょう。あとはひたすら刻みます。

ねぎは小口切りがおすすめ。基本的には刻んで混ぜるだけなのですが、切り方によって食感や味わいに違いが出るため、お好みでアレンジしてくださいね。

2. みょうがを刻む

Photo by akiharahetta

みょうがは上下を少し切り落とし、縦半分にカットします。切り口をまな板に付けて安定させ、輪切りにしていきましょう。丸ごと輪切りにしても構いませんが、細かく切った方が、上品な食感に仕上がります。

3. かいわれ大根を切る

Photo by akiharahetta

かいわれ大根は、根部分を切り落とし、1.5cmの長さにカットします。かいわれ大根に関しては、刻むというより切るというイメージ。

面倒な場合はもっと長く、3~4cmにカットしてもいいですが、食べやすさを優先するなら1.5cmがベスト。

4. しょうがを刻む

Photo by akiharahetta

しょうがは、種類によって切り方を変えるのがおすすめ。今回使用したのは、新しょうがなので細切りに。

ひねしょうがの場合は、硬い繊維が口に残らないようみじん切りにしましょう。
Photos:13枚
薬味ミックス
薬味が置かれている様子
九条ネギを小口切りにしている
みょうがを包丁で刻んでいる様子
包丁で刻まれている途中の様子
しょうがを細切りにしている途中の様子
丸めて細く切っている様子
薬味ミックスと水
ホーローポットに入った薬味ミックス
大葉ミックスと料理
茶碗に入った雑穀米に「薬味ミックス」で作った浅漬けをのせた様子
白いホーローバッドに小分けにした「薬味ミックス」が入っているところ
取っ手付きザルに刻んだ「薬味ミックス」が入っているところ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ