ピンク色がとってもキュート!春にオススメなパンの色付け方法5選

春といえば桜!桜といえばピンク。女子が大好きなピンク色のパンを集めました。ところでピンク色ってどうやって色付けするの?って人のために、かわいいピンク色に仕上げるために使われた材料を紹介します。

待ち遠しい春のテーマーカラーはやっぱりピンク

桜の印象が強いせいか、春といえばピンク!というイメージありますよね。間もなく桜咲く季節が到来するので、ピンク色のかわいらしいパンを集め、その色付けに使った材料を紹介します。

ドラゴンフルーツでピンクに

こちらは「ドラゴンフルーツ」でピンク色に染めたパン。自家製のドラゴンフルーツ酵母&果肉でこんなに鮮やかな発色になるようです。上に振りかけられた小麦粉(粉砂糖?)が優しさを添えていますね。
ドラゴンフルーツというのは別名で、本当の名前は「ピタヤ」といいます。サボテン科で、カリウムやマグネシウムなどが含まれています。

ドラゴンフルーツ ドラゴンフルーツというのは別名で、本当の名前は「ピタヤ」といいます。サボテン科で、カリウムやマグネシウムなどが含まれています。

ビーツを使って色付け

「ビーツ」を使用して色付けしたパンです。
ビーツを茹でて皮をむき、フードプロセッサーなどでピュレ状にして使用します。
ビート、テーブルビートなどとも呼ばれるアカザ科の植物。根の部分を利用します。ロシア料理のボルシチには欠かせない食材で、ゆでると甘みが増します。カリウム、鉄分などが含まれています。

ビーツ ビート、テーブルビートなどとも呼ばれるアカザ科の植物。根の部分を利用します。ロシア料理のボルシチには欠かせない食材で、ゆでると甘みが増します。カリウム、鉄分などが含まれています。

紫いもを練りこんで

「紫いも」を茹でてマッシュしたものを生地に練りこんだことで、鮮やかに発色していますね。紫いもパウダーを使うとお手軽です。
サツマイモの仲間で、中まで紫色をしています。サツマイモにくらべてアントシアニンが多く含まれています。

紫いも サツマイモの仲間で、中まで紫色をしています。サツマイモにくらべてアントシアニンが多く含まれています。

イチゴで鮮やかなピンク色に

こちらの写真で使用されたのは冷凍イチゴとのことですが、普通のイチゴやイチゴジャムでも代用できそうです。
バラ科でビタミンCやカリウムが豊富。保存するときは洗わずにラップをかけて冷蔵庫にいれると長持ちします。

イチゴ バラ科でビタミンCやカリウムが豊富。保存するときは洗わずにラップをかけて冷蔵庫にいれると長持ちします。

食紅を使ってピンク色を表現

食紅を使ってピンク色に仕上げたクッキー生地を乗せたメロンパンです。食紅は入れすぎると真っ赤になってしまうので少しずつ使うのがポイント!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

はまずみゆきこ(etupirka)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう