ライター : あんりちこ

日々の生活がちょっと嬉しくなるがんばらないお洒落ごはんを日々研究中。発酵食品や保存食で腸活を意識しています。

手間が省ける!業務スーパー「大根おろし」

Photo by あんりちこ

国産の大根をすりおろした業務スーパーの大根おろし。自然解凍ですぐに使えるので、調理の手間を省きたいという方にぴったりのひと品です。

ひと袋にたっぷり1kg入っており、値段は228円(税抜)。生の大根が約2本購入できる金額でこの容量はお得!大根をする労力を考えても、とても便利なひと品です。

業務スーパーで購入できる「大根おろし」の特徴

国産大根が使用されている

業務スーパーの大根おろしは、国内産の大根が使用されています。みずみずしい大根を皮ごとすりおろしているので、素材の風味が味わえますよ。コスパを考えると、「輸入食材では?」と疑ってしまいますが、パッケージにも「国産だいこん」と記載があります。

冷凍品なので使用する場合は解凍が必要

新鮮な大根おろしをいつでも使えるよう、保存が効く冷凍品となっています。板状にカチコチに凍っています。板状なため冷凍庫内には立てて保管でき、収納も便利です。使用する時は必要な量のみ自然解凍します。

原材料は大根のみ!

パッケージに記載がある原材料を確認すると、原材料は「大根」のみ。保存料などは添加されていないので、お子さんの食事にも安心して使用できます。解凍すると大根おろし本来の味が再現できますよ。

冷凍大根おろしのおすすめ保存方法

スリムな板状に冷凍されていますが、実際に使うとなると、一度に1kgを使うのは家庭ではかなり多めです。そのため、毎回使う分だけ、小分けにして保存するのがおすすめ。小分けすると、解凍時の劣化も少なくなるので、ぜひ参考にしてください。

Photo by あんりちこ

冷凍庫から取り出し直後では、固すぎてカットできません……。まずはパッケージの角が少し解凍した状態になるまで常温で解凍しましょう。細い板状にしてから、使いやすい大きさにカットします。

Photo by あんりちこ

小さくカットしたら一度に使う分量だけラップにくるみ、保存袋に入れます。家族の人数分に合わせて、等分すると使いやすく劣化も防げますよ。ジッパー付きの保存袋は、大きめのものよりも小さめのサイズが小分けにでき便利です。

大根おろしの解凍方法と味わい

Photo by あんりちこ

冷蔵庫に3~4時間ほど入れておくと解凍できます。大根おろしはもともと水分が多いので、解凍後はどうしても水分が出てきます。軽く水分をしぼってから使うとおいしく食べられますよ。しぼりすぎるとパサつき、風味が損なわれるので軽くでOKです!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ