ライター : 平あかり

腸活体質改善プランナー2級・食品衛生責任者・JEA認定アロマセラピスト

自身の体調不良をきっかけに体質改善に興味がわき、アロマや腸活の勉強をしました。保育園勤務を経て、現在はライター&料理代行&ベビーシッターのパラレルワーカーとして活動していま…もっとみる

サバ缶パスタを作る際のポイント

※画像はイメージです
サバ缶は、水煮のほかにしょうゆやみそなど味がついているものが多いですよね。そのままはもちろん、料理に活用することで時短にもなります。

ゆでたパスタと味つきのサバ缶を合わせるだけで、絶品パスタの完成。パスタとサバ缶を常備しておけば、ごはんを作る時間がないときの救世主になるでしょう。この記事ではサバ缶を使ってパスタを作るときのポイントや、アレンジレシピをたっぷりとご紹介します。

汁ごと使って旨味を出す

サバ缶でパスタソースを作るときは、汁ごと使うのがポイントです。サバ缶の汁はサバの旨味がギュッと凝縮されています。特にみそ味やしょうゆ味のサバ缶を使うと、隠し味になったりコクが出たりします。サバの旨味が加わるのでいつものパスタがワンランク上の味わいになり、レストランで食べるパスタのような風味を感じるでしょう。

パスタの種類によって缶を使い分ける

サバ缶はみそ味やしょうゆ味など味がついているものも多いです。サバ缶は調理済みなのでオイル漬けのサバ缶と唐辛子を加えるだけでペペロンチーノにもなりますよ。しょうゆ味やみそ味は和風だけでなく、トマトやクリーム系のパスタとも相性がいいです。

しょうゆ味やみそ味はきのこやキャベツ、ブロッコリーなどと合わせると相性抜群。味つけいらずのおいしいパスタが完成するので、常備しておくと便利ですね。

ペペロンチーノも。サバ缶で作る人気のオイルパスタ5選

1. パパッと簡単!キャベツとサバ缶のペペロンチーノ

メイン材料はサバ缶とキャベツだけ。材料ふたつで簡単に作れるパスタです。味付けはこしょうと唐辛子とオイルのみなので、サバ本来の味を生かせます。パスタをゆがく時間をのぞくと5分でできあがり、お腹が空いて待ちきれないときにおすすめです。

2. 香りを楽しむ!みょうがとサバ缶の和風ペペロンチーノ

みょうがとサバ缶の和風ペペロンチーノです。にんにく、みょうがと香りに個性がある薬味のバランスがよく、作っているときから食欲をそそられます。香味野菜を使うとサバの臭みもやわらぎ、魚が苦手な方にも食べやすいパスタです。

3. 和風の代表!ねぎとサバ缶のペペロンチーノ

にんにくとねぎを炒め、香りを出してからサバ缶を投入。サバ特有の臭いが苦手な方にもおすすめのパスタです。レシピでは群馬上州ねぎを使っていますが、手に入りやすい長ねぎやカットねぎでもおいしく作れるでしょう。

編集部のおすすめ