12. なす

なすをハヤシライスに入れると、とろけるような食感がクセになります。おいしく作るコツは、油がなじむまで炒めてから煮込むこと。スープカレーのように、素揚げやソテーしてからトッピングするのもおすすめです。

13. れんこん

歯ごたえのあるれんこんは、ハヤシライスの具材としては珍しいかもしれません。ほかの具材と一緒に煮込んでもいいですが、薄切りを素揚げしてトッピングすれば、カリカリの食感が楽しめますよ。

14. グリンピース

洋食屋さんのハヤシライスでおなじみなのが、グリンピース。茶色のハヤシライスに、鮮やかなグリンピースの緑が彩りをプラスします。水煮はそのまま仕上げに散らすだけでOKですが、冷凍のグリンピースは塩を入れた熱湯で軽くゆでて使います。

15. ブロッコリー

ブロッコリーは丸ごと使える便利な食材。茎の部分は薄切りにして煮込めば、余すところなく食べられますよ。つぼみはあらかじめ塩ゆでして、仕上げに加えるのがポイント。鮮やかな緑がハヤシライスに映えて、食感も残ります。

ハヤシライスにおすすめの「トッピング」具材5選

16. 卵

定番の卵は、生卵、目玉焼き、スクランブルエッグなどのトッピングはもちろん、ごはんを薄焼き卵で包むオムハヤシという形でも楽しめます。いつものハヤシライスに卵をのせるだけで、子どもがよろこぶごちそうにグレードアップできますよ。

17. チーズ

ハヤシライスにチーズを加えると、濃厚なコクとまろやかな味わいでまるでレストランの味♪ トマトの酸味もやわらいで、子どもも食べやすいハヤシライスになりますよ。仕上げにスライスチーズやクリームチーズなどをお好みでトッピングしてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ