ライター : 夏蜜柑

食事と睡眠を人生の楽しみとする神奈川在住グルメライターです。 日々、めんどくさがりなわたしでも作れる簡単レシピを模索しています。

傷みやすい野菜の代表格「オクラ」

夏を中心に、食卓に並ぶことの多いオクラ。傷みやすい印象があり、スーパーで安売りされていてもまとめ買いをためらってしまう人が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オクラの賞味期限について解説します。状態別に細かく説明するので、購入する際の参考にしてみてください。また、長持ちさせるための保存方法も冷蔵・冷凍ともに必見!食べてはいけないオクラの特徴や、消費させるためのおすすめレシピもご紹介します。

オクラの賞味期限・日持ちはどれくらい?

生のまま、カットしていない場合

買ったそのままの状態なら、冷蔵で3〜5日、冷凍で約1ヶ月が賞味期限の目安です。適切な処理をすればより日持ちさせることにつながりますが、買ってきたらそのまま野菜室に入れることが多いと思うので、参考にしてください。

生のまま、カットしている場合

普段の料理に使いやすいようカットして保存する場合、冷蔵で3〜4日、冷凍で約1ヶ月が賞味期限の目安。まるごとよりも若干保存期間が短くなってしまうので、カットするなら冷凍保存がおすすめです。

ゆでてカットしていない場合

ゆでオクラの場合、冷蔵で1〜2日、冷凍で約1ヶ月が賞味期限の目安です。加熱処理をおこなうと、大幅に保存期間が短くなってしまいます。しかし、あらかじめゆでておけば調理時に下処理の手間が省けるので、ゆでオクラは冷凍するのがおすすめです。

ゆでてカットしている場合

ゆでオクラはカットした場合でも、冷蔵で1〜2日、冷凍で約1ヶ月が賞味期限の目安です。まるごとでもカット済みでも大きく変わらないので、カットしてから冷凍したほうが調理の際に便利ですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ