2. フライパンでしめじを焼く

Photo by 長曽我部真未

フライパンにしめじを入れ、中火にかけます。焼き色がついたら裏返し、両面焼き色をつけます。ボウルに取り出し、オイスターソースで和えます。

3. 電子レンジでかに玉を作る

Photo by 長曽我部真未

耐熱容器に絹ごし豆腐を入れ、泡立て器でペースト状にします。卵、カニ缶(汁ごと)、長ねぎを入れて混ぜ合わせます。

電子レンジ600Wでラップをかけずに1分加熱し、よく混ぜるを3回繰り返します。ある程度固まってきたら、30秒加熱し、よくかき混ぜます。お好みの固さになるまで繰り返します。

4. 器にごはんとしめじを盛り付ける

Photo by 長曽我部真未

茶碗を水で濡らします。ごはんを1人分の1/3量入れ、2を半量のせます。残りのごはんをかぶせ、上から平らになるように少し押します。皿の中央にひっくり返します。

5. ごはんにかに玉をのせる

Photo by 長曽我部真未

43を半量分だけ、ごはんが隠れるようにのせます。

6. あんを作り、かに玉の上からかける

Photo by 長曽我部真未

しめじを焼いたフライパンをキッチンペーパーできれいにふき取り、あんの材料を入れてよく混ぜます。弱火にかけ、とろみがつくまで1分ほど混ぜながら加熱します。

5にかけたら完成です。グリンピースやねぎをのせると、彩りがよくなりますよ。

管理栄養士のコメント

天津飯はふわふわでやわらかく、あんにとろみがあるため、よく噛まずに食べがちです。このレシピではしめじをごはんに混ぜ、噛みごたえがアップするよう工夫しています。「よく噛んで食べること」にはさまざまなメリットがあり、主なものは以下の通りです。

・食べ過ぎを防いで肥満を対策に役立つ
・味覚が発達する
・消化を助け、胃腸を活発にする
・歯の健康をサポートする

ふわふわヘルシー天津飯だけでなく、普段の食事でも噛むことを意識して食べるようにしましょう。(※4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ