4. にんにくを取り出し、塩で味を調える

Photo by 合田和弘

20分弱火で煮込んだら、にんにくを取り出し、塩を加えて味を調えます。

「大根はじっくり煮込むと透明になります。このあとうどんが入るので、気持ち強めの塩加減にしてください」

5. うどん、牡蠣を加え、弱めの中火で4分煮る

Photo by 合田和弘

うどんを土鍋に入れて軽くほぐしたあと、牡蠣をバランスよく並べます。蓋をして弱めの中火で4分加熱します。

「牡蠣は生食用がおすすめです。加熱用の場合は、しっかりめに火を通してくださいね」

6. 仕上げにゆずの皮を散らしたら完成

Photo by 合田和弘

ゆずの皮をすりおろして散らしたらできあがりです!爽やかな香りが楽しめます。

「このうどんはゆずの香りが抜群に合いますので、ぜひゆずのあるうちにお試しください。皮をすりおろしたあとのゆずは、果汁を搾ってポン酢にしたり、お風呂に浮かべて香りを楽しむこともできますよ」

おろし煮込みのうまさに感激!大根みぞれ牡蠣うどん

Photo by 合田和弘

すりおろした瞬間に広がるゆずの香り、だしをたっぷり含んだとろとろの大根おろし、熱々に煮込まれたうどんと牡蠣。ホッとやさしい味わいが、身体にじんわりと広がり、幸福感さえ覚えます。

「じっくり煮込んだ大根おろしは甘味と旨味が引き出されて、とてもおいしいですよね。大根おろしを使うみぞれ鍋でも、大根おろしはあと入れではなく、だしと一緒に30分くらい煮込むのがおすすめです」と渡辺さん。

なめらかなつゆのなか、時折感じる大根おろしのシャキッとした食感が、味わいに変化を加えています。大根おろし器を使う場合は、あえてランダムなおろし加減にするとよさそうです。

次回は、手軽なエスニックアレンジ「フォーうどん」をご紹介!

Photo by 合田和弘

次回は「フォーうどん」を紹介します。ベトナムの麺料理「フォー」のスープで、うどんを煮込んでいきます。エスニックのスープと日本のうどんの素敵な出会いをお楽しみに!

取材・文/古川あや
撮影/合田和弘

これまでの連載はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ