ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

料理家・渡辺康啓さん考案!大根みぞれ牡蠣うどん【冬のホッと煮込みうどん#3】

Photo by 合田和弘

2月の毎週日曜日連載「冬のホッと煮込みうどん」では、お手頃な冷凍うどんを使って、面倒な手間なく作れる創作煮込みうどんレシピをご紹介します。

教えてくれたのは、料理家として活躍する渡辺康啓さんです。

Photo by 合田和弘

料理家/渡辺康啓さん 鳥取県生まれ。ケーキ教室を主宰する母のもと、来客の多い家庭で育ち、おもてなし料理を身近に育つ。有名アパレルブランド勤務時代に友人から勧められて料理の道へ。ケータリング事業からスタートし、2007年に料理家として独立。6年過ごした福岡から2021年9月、再び東京に拠点を移す。本場イタリアで出会った味をそのまま再現するスタイルは受講者に人気。著書に『毎日食べる。家で、ひとりで。』(KTC中央出版)、『果物料理』(平凡社)など
「第三回の『大根みぞれ牡蠣おろし』では冬に旬を迎える牡蠣、大根、ゆずを使います。

ポイントは大根おろしをしっかり煮ること。だしと一緒に20分以上煮込んで、大根の甘みや旨味たっぷり引き出します。仕上げにゆずの香りを足すことで、さらにおいしさがアップしますよ」

前回の記事はこちら▼

材料(1人分)

調理時間:30分

・冷凍うどん……1玉
・大根……300g
・牡蠣(生食用)……3〜4粒
・昆布いりこ出汁……250cc ※顆粒のだしの素でも可
・にんにく……1/2片
・日本酒……小さじ1杯
・ゆずの皮……適宜
・塩……適宜

下ごしらえ

・牡蠣を洗う
・冷凍うどんを解凍する
・にんにくの芯(芽)の部分を外す

「にんにくの芯の部分は、必ず取り除きましょう。そのままだと胃もたれの原因になってしまいます」

作り方

1. 大根をおろす

Photo by 合田和弘

大根を皮ごとフードプロセッサーにかけて大根おろしを作ります。フードプロセッサーを使う場合は、あらかじめ1.5〜2cmの角切りにすると手早くおろせます。

「うどんに絡みやすいよう、細かめにおろしましょう。もちろん大根おろし器を使ってもOKです」

2. 鍋に大根、だし、にんにく、酒を入れて加熱する

Photo by 合田和弘

土鍋に大根おろし、出汁、にんにく、酒を入れ、強火にかけます。

にんにくを入れると味に深みが出ますよ。だしは顆粒の素でも良いですが、水出しで簡単に作れる僕オリジナルの昆布いりこだしがおすすめ。

いりこ12gをそのままから炒りし、昆布10cmとともに2Lの水に浸け、ひと晩冷蔵庫に入れるだけです。冷凍保存もできますよ!」

3. 沸騰したらアクをとり、さらに20分煮る

Photo by 合田和弘

つゆが沸騰してきたらアクを取り除き、蓋をして弱火で20分ほど加熱します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ