ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

参鶏湯(サムゲタン)とは?

「参鶏湯(サムゲタン)」とは、丸ごとの若鶏に高麗人参やナツメなどの漢方を詰め込て煮込む薬膳料理です。名前の由来は使われる食材によるもの。高麗人参の「参」と若鶏の「鶏」、スープを意味する「湯」から名付けられました。

韓国では、「伏日(ポンナル)」と呼ばれる日にサムゲタンを食べる習慣があります。伏日は日本でいう土用の丑の日のこと。7月~8月の暑い時期に滋養食を食べ、夏バテを防ぐ意味がこめられています。

タッカンマリとの違い

同じく韓国料理の「タッカンマリ」も、サムゲタンと同じように鶏肉を一羽丸ごと使います。違いは作り方。サムゲタンは鶏のおなかに漢方やもち米などを詰めて煮込むのに対し、タッカンマリは鶏肉をそのまま鍋に入れ、ねぎやじゃがいもと一緒に煮込むのが特徴です。

また、一般的にサムゲタンには高麗人参が使われますが、タッカンマリにはあまり使われない点にも違いがあります。

サムゲタンに使う食材って?

サムゲタンには、主に鶏肉や高麗人参、ナツメ、にんにくなどが使われます。季節によってぎんなんや栗を加えたり、もち粉でスープにとろみをつけたりすることも。

作り方は、下処理済の鶏肉のおなかに食材を詰め込み、漢方薬のキバナオウギやしょうがなどで取ったスープでじっくり煮込むのが定番です。調味料は塩こしょうのみで、薄味なのが特徴。食材の旨みを堪能できるのがサムゲタンの魅力ですよ。

サムゲタンの食べ方やマナー

丸鶏が入ったサムゲタンを食べるのはむずかしそうなイメージがありませんか?ここでは、サムゲタンの基本的な食べ方をご紹介します。

まず初めにスープを飲んで味を調整しましょう。もともと薄味に調味されているため、塩やこしょうなどを加えると、さらにおいしくなりますよ。次に鶏肉をほぐし、スープに浸して食べてください。スープにキムチやジャンと呼ばれる調味料を加えて味を変えるのもおすすめです。

なお、鶏肉の骨をどうしたらよいか迷ってしまう方も多いのでは?お店では骨を捨てるためのツボや器が用意されていることがあるので、そちらに入れるのがマナーです。

食べすすめると、中に詰めた高麗人参やもち米が出てきます。鶏肉と同じようにスープに浸しながら食べてくださいね。

ナツメは食べないほうが良いの?

「ナツメの栄養成分がサムゲタンのスープに溶け出してしまうため、ナツメは食べないほうがよい」という説もあるようですが、実際は食べてもまったく問題ありません。ナツメにはカリウムやリンなどのミネラルが多く含まれているので、ぜひほかの具材と一緒に食べてみてくださいね。(※1)

食後は高麗人参酒がおすすめ

サムゲタンの〆には、高麗人参酒がおすすめです。高麗人参を漬けた酒は甘みがあり、ハーブに似た香りが特徴。そのまま飲むとさっぱりしているので食後酒にぴったりです。炭酸で割ったり、はちみつを加えたりとアレンジしてもおいしいですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ