ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

切り餅であのもちもち食感を再現!中華ちまき

手軽でおいしい冷凍食品ですが、そのまま食べるだけではどうしてもマンネリしたり飽きたりしがち……。でも、そんな冷食をどこの家庭にもある意外な食材と組み合わせてアレンジすることで、まったく別の料理に生まれ変わらせることができるんです!

5日間連続でお届けする本連載では、電子レンジ料理研究家であり、冷凍食品マイスターのタケムラ ダイさん考案の冷凍食品アレンジレシピを毎回1つご紹介。

今すぐ作ってみたくなる、間食やひとりごはんにもぴったりのレシピばかりですよ!

Photo by macaroni

電子レンジ料理研究家、冷凍食品マイスター/タケムラ ダイさん 電子レンジ調理をメインに、さまざまな手法とアイデアで手軽&超簡単なレシピを考案。冷凍食品マニアでもあり、著書『レンジがあればなんでもできる!早ワザ・神ワザ・絶品レンチンごはん』(宝島社)ではお手軽な冷凍食品レシピも紹介している。メニュー開発、メディア出演など、活動は多岐に渡る
第1回は、冷凍チャーハンで作る中華ちまき

Photo by macaroni

調理時間:10分
保存期間:冷蔵で1日程度


「冷凍食品をほかの食材と合わせたり、調理を工夫したりして、家族に冷凍食品だとバレない『バレん飯』を考案してきました。レンジ加熱だけで作れるので、調理は簡単。洗い物も少なく済みますよ。

ササッと作れる中華ちまきは、夕飯前の小腹が空いたときやリモートワーク中のおやつとして重宝しています。正月に食べきれず、余った餅の使い切りにもおすすめですよ」

一般的には、モチモチとした食感のもち米で作るちまき。うるち米に餅を混ぜればもち米の食感になるのでは?という発想のもと誕生したメニューなのだそう。

材料(1人分)

Photo by macaroni

・ニチレイ「本格炒め炒飯」……250g
・切り餅……1個

「どのメーカーの冷凍チャーハンでも大丈夫。炒飯250gでおにぎりサイズのちまきを2個作れます。冷凍チャーハン自体に味がしっかり付いていて、焼き豚などの具材も入っているので、調味料は要りません」

作り方

1. 耐熱容器にチャーハンを入れる

Photo by macaroni

凍ったままの冷凍チャーハン250gを耐熱容器に投入します。

「このあとに切り餅とチャーハンを混ぜる作業があります。こぼれないように深めのお皿やボウルを使うのがおすすめです」

2. 切り餅を水にくぐらせる

Photo by macaroni

切り餅をさっと水にくぐらせて、表面に水の膜を付けます。ボウルに貯めた水にくぐらせても、水道の蛇口から直接水をかけても大丈夫。

「切り餅の表面に水分を付けることで、しっとりやわらかに仕上がります。水を付けずにレンチンすると餅が硬くなってしまうことがあるため、この工程は省かないでください」

3. ラップをかけて電子レンジで加熱する

Photo by macaroni

水にくぐらせた切り餅を冷凍チャーハンの中央にのせ、ラップをかけます。

「切り餅は、水蒸気で蒸されてやわらかくなります。ラップはぴっちりとかけてください」

Photo by macaroni

電子レンジ600Wで、冷凍チャーハンの包装に記載された時間通りに加熱します。ニチレイ「本格炒め炒飯」の場合は3分50秒。

「電子レンジによって加熱力が異なるので、様子を見ながら調整してください。包装に記載された時間通りに温めたら、一度容器を取り出して、餅がまだ硬いなら様子を見ながら30秒ずつ追加で加熱します。切り餅の表面や角がぶよっとしてきたらOKです」

Photo by macaroni

「ラップを剥がすときは、蒸気で火傷をしないよう、手前ではなく奥側から剥がすようにしてください」

4. 切り餅とチャーハンを練り混ぜる

Photo by macaroni

耐熱容器を取り出したらすぐに、ヘラで切り餅とチャーハンを練るようにして1分ほど混ぜ合わせます。溶けた餅が全体に行き渡り、チャーハンが団子のようにまとまってきたら完成です。

「餅は冷めると固まってしまうので、熱いうちにすばやく混ぜるのがポイント。切り餅とチャーハンを混ぜる作業は、子どもと一緒にやっても楽しいですよ」

編集部のおすすめ