ストレスを和らげる作用

胡椒に含まれるリモネンやカリオフィレンなどの香り成分には、リラックス作用があり、ストレスを和らげるのに役立ちます。イライラしたり、不安が強いときに胡椒の香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、胡椒に豊富なピペリンは、神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促しますよ。セロトニンは精神を安定させるはたらきがあり、低下すると不安な感情につながるおそれがあります。(※1,5,6,7)

胡椒の効果効能を活かすおすすめの食べ方

温かいスープと一緒に

前述したように、胡椒は血流をよくする作用があるため、冷え対策に役立つスパイスです。この作用を活かしたいときは、身体を芯から温めてくれるスープに胡椒を加えてみてはいかがでしょうか。

スープの食材には、身体を温める食材を使うのがおすすめです。かぼちゃやにんじん、しょうがなどを取り入れてくださいね。(※1,8)

黒胡椒を選ぶ

血流を促したり、食欲を促したりする作用があるピペリンですが、胡椒の種類によって含有量が異なります。ピペリンが多く含まれているのは黒胡椒です。

ピペリンの作用を期待する場合は、白胡椒ではなく黒胡椒を選びましょう。また、胡椒の粒を細かくすると、ピペリンの作用が強くなります。(※1,4)

胡椒の保管方法や賞味期限

保管方法

胡椒はふたをしっかり閉めて、直射日光の当たらない場所で保存することが大切です。紫外線に当たるとピペリンが変質し、辛味が薄れるおそれが。

また、粉末タイプの胡椒はフライパンに直接振り入れることができますが、料理の湯気の影響を受ける場合があります。胡椒を長持ちさせるために、小皿や手に取り分けてから加えるようにしましょう。(※2,9)

賞味期限

粒タイプの胡椒の賞味期限は3年、粉末状・粗びき状のものは2~3年が目安です。粉末にすると胡椒の香りが飛びやすくなるため、賞味期限が短くなります。

また、胡椒を長期保存するなら袋入りではなく、瓶入りのものを選ぶのがおすすめです。瓶は保存性がよいため、比較的賞味期限が長いですよ。(※9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ