味噌煮込うどん

Photo by @gohan15yo

1,100円(税込み)
伊賀の窯元で専用に作られた土鍋で提供される「味噌煮込うどん」は、コシのある独特の歯ごたえが特徴的。噛めば噛むほど旨みがしみ出しますよ。

味噌は3年間かけて醸造した赤味噌と白味噌をブレンド。香り高いかつおぶしベースの出汁とともに、やさしい味が口の中に広がります。かしわや名古屋コーチン、豚ロース、天ぷら、きつねなど、具材をお好みで追加するのもおすすめです。
山本屋本店 大門本店
住所
〒453-0811
愛知県名古屋市中村区太閤通6丁目5
営業時間
土曜日
11:00〜20:30
月曜日
11:00〜14:30
17:00〜20:30
火曜日
11:00〜14:30
17:00〜20:30
水曜日
11:00〜14:30
17:00〜20:30
木曜日
11:00〜14:30
17:00〜20:30
金曜日
11:00〜14:30
17:00〜20:30
土曜日
11:00〜20:30
日曜日
11:00〜20:30
開閉
電話番号
052-482-2428
最寄駅
地下鉄桜通線 中村区役所駅1番出口 徒歩8分 地下鉄東山線 中村日赤駅1番出口 徒歩11分
禁煙
禁煙
ランチ提供
ランチ
ディナー提供
ディナー

4. コシのある手打ち麺が魅力!「山本屋大久手店」(今池)

大正14年創業、名古屋大須が発祥の味噌煮込みうどんの名店「山本屋大久手店」。5代にわたって創業時と変わらない伝統の味と製法を守り抜いています。

現在は、今池駅より徒歩8分の場所に店を構え、名古屋人だけでなく観光客にも人気のあるお店です。

名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん

1,800円(税込み)
自慢の味噌煮込みうどんは、防腐剤・保存料を使わずに店内で手打ちするこだわり。塩を使わず練り込むので、味噌が上手く絡み独特の歯ごたえを楽しめます。

3年熟成の八丁味噌をベースに地元特産の白味噌を独自製法でブレンド。味噌の甘みと濃厚な味わいが口の中に広がります。名古屋コーチンからしみ出る旨みもたまりません!
大久手山本屋
住所
〒464-0854
愛知県名古屋市千種区大久手町5丁目9−2
営業時間
土曜日
11:00〜21:00
月曜日
定休日
火曜日
11:00〜21:00
水曜日
11:00〜21:00
木曜日
11:00〜21:00
金曜日
11:00〜21:00
土曜日
11:00〜21:00
日曜日
11:00〜21:00
開閉
電話番号
052-733-7413
メニュー
メニュー:r.gnavi.co.jp
最寄駅
地下鉄東山線 今池駅8番出口 徒歩8分 地下鉄桜通線 吹上駅1番出口 徒歩3分
禁煙
禁煙
ランチ提供
ランチ
ディナー提供
ディナー

【きしめん】名古屋のおすすめうどん4選

名古屋名物「きしめん」のおすすめのお店をご紹介します。

きしめんとは、厚さ1mm、幅7~8mmほどの幅が広く平たいうどんのことを指します。刈谷市近隣で親しまれていた平打ちうどんがきしめんのルーツとも言われ、今では人気の名古屋めしのひとつです。なめらかでツルっとした口当たりとやさしい出汁の味わいを楽しめますよ。

5. 多彩な具材を楽しめる♪「きしめん亭エスカ店」(名古屋駅)

90年以上の伝統を誇る「きしめん亭」。名古屋駅新幹線口よりすぐ、地下街の一角に位置しています。店内は名古屋の歴史を伝える写真が壁一面に貼られ、活気ある雰囲気です。

名古屋独特のたまり醤油を使った赤つゆ、あっさりした味わいの白つゆの2種類のつゆを具材ごとに使い分けるこだわり。豊富なメニューについ悩んでしまうはずです。

じゃこめし(左)、きしめん(右)

341円、715円(すべて税込み)
たまり醤油を使った赤つゆと平麺がよく絡み、シンプルながらも凝縮された旨みを味わえるひと品。つゆは一番出汁しか使わないこだわりで、伝統の味を引き継いでいます。

ほかにも、山かけ、白髪ねぎ、鍋焼きなどは赤つゆで、玉子とじ、天ぷらなどはあっさりとした白つゆで、などお好みや気分で味や具材を楽しめますよ。
きしめん亭 エスカ店
住所
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町6−9
営業時間
土曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
月曜日
11:30〜14:30
火曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
水曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
木曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
金曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
土曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
日曜日
11:30〜14:30
16:00〜21:15
開閉
電話番号
052-452-1955
最寄駅
名古屋駅太閤通口 徒歩1分
ランチ提供
ランチ
ディナー提供
ディナー
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ